2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | レゴ #31012 クリエイター・ファミリーハウス »

2013年8月24日 (土)

スタイロフォームなど多孔質素材の接着法

たまにはお役に立ちそうな情報を、ということで……

スタイロフォームや木材は木工用ボンドでくっつけるのがデフォルトですね。でも固定するまでに時間が掛かって困ることも。で、通常はゼリー状の瞬間接着剤の出番?ということになるのでしょうが、実はそんなものを使うより確実でお手軽な方法があります。

知り合いのデザイナーから教えてもらった方法ですが、

1.両接着面を水で良く洗ってゴミや削り屑(粉)を取り去る
2.接着面が濡れた状態で金属プラスチック用などの一般的な瞬間接着剤を片面に塗る
3.接着面を合わせて押しつけてしばらく待つ

これで、しっかり固着されます。

瞬間接着剤はもともと水分と反応して個化するものですので、この手が使えるんですね。

細い木材などでは一度濡らしてからティッシュなどで余分な水を拭き取り、組み合わせて瞬間接着剤を流すという手も使えます。接着剤が木材にしみこんでしまうことなく接着できます。

まあねえ、わざわざそんなことしなくても接着剤を多量にぶちまければいいじゃないかって意見もありますが、スマートじゃありませんし、個化するまでに時間がかかりすぎますから……それに凶暴なシアン瓦斯の発生も半端じゃありませんので、私はもっぱら水で濡らす(しめらせる)方式を採用しています。

ということで、テクニックTipsとしてお役に立ったでしょうか?

« 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | レゴ #31012 クリエイター・ファミリーハウス »

コメント

洗うのは面倒なので、濡れ雑巾で拭くだけでもよいのではと。
たしかに瞬着でつけた後は息を吹くと早く固まります。水分だったんですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際鉄道模型コンベンション | トップページ | レゴ #31012 クリエイター・ファミリーハウス »