2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Arduinoで操作するメルクリンZゲージレイアウト製作記 | トップページ | 初代MacのLEGOキット »

2013年7月13日 (土)

ポイントマシンつくってみました

一般工作用のマブチモーターでポイントマシンを自作してみました。

流行のスローアクションではなく、ぱちぱち切り替わるタイプですけど確実に作動します。

特殊な部品はラジコンサーボのラダーホーンだけです。モータ軸の先にスプリングジョイントの口金のイモネジを長いビスに替えてとりつけてこれでラダーを動かします。

操作は跳ね返り式の6Pトグルスイッチか2線式ソレノイド用のコンデンサと3Pトグルスイッチを使う回路が使えます。ソレノイドポイントマシンの代わりにモーターをつなぎます。電圧は1.5Vで十分です。コンデンサの容量は1Fくらい必要ですが一個100円くらいで手に入るはずです。

Img_2336 Pastedgraphic1_2

そういえば、むかし、下のようなネジ式のタイプのを自作したことがありましたが、今度の方が構造が簡単だしトラブルも少なく確実に動作すると思います。

Sa3a0527
 
 

« Arduinoで操作するメルクリンZゲージレイアウト製作記 | トップページ | 初代MacのLEGOキット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Arduinoで操作するメルクリンZゲージレイアウト製作記 | トップページ | 初代MacのLEGOキット »