2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« レゴの駅 | トップページ | PWM制御なんだ!レゴトレインのパワーユニット »

2013年6月16日 (日)

この夏は自家製エッチングをやってみたいと思います。

この夏は自作エッチングパーツに挑戦してみようかなあと思っています。

というのも、エッチングってプロにお願いするとかなり高価なので……以前、船舶用V型スチームエンジン搭載 2軸クライマックスロコ "L'ESCROC"を作ったとき、ボイラーに貼付ける0.5mm厚真鍮板製5mm x 30mm程度のネームプレートをアルモデルさんに頼んだのですが、3枚で送料込み3千円でした。(エッチング抜き落しした状態で納入、周囲の成型、着色と磨き出し加工は自分で行っています。)

そのころは、フォトレジストやエッチング液などの材料を揃えなければならないし手間を考えたらとても自分でエッチングなんてできない、と思っていましたから、相応の値段なのかなとおもいましたが、やっぱりこの値段では気軽に自分の思うようにエッチングのプレートや部品を外注することはできません。(正直に白状すると請求書をみたときはかなりびっくりしました ^^;)

で、なんかテクニックとか紹介されていないかなあとネットを徘徊していたら、こんなページをみつけました。

オリジナルエッチングパーツ製作法『F式』

読んで行くと、用意する道具や注意点など細かいところまでとても丁寧に、文字通り惜しみなくテクニックが公開されています。

この方、偉い!

こんなに良く出来たテクニック紹介ページは読んでいてうれしくなりますね。ご本人が楽しんで作っていらっしゃるのも感じられるし。なによりも廃液処理についての注意等もしっかりと書かれている事に好感を持ちました。

ということで、こんど東京に帰ったときにエッチング液を買い求める事から始めましょうと考えています。もちろん、廃液処理キット付きのものをです。環境配慮は模型工作にも必須ですからね ^^;

ということで、とりあえず、今回は「自家製エッチングパーツテクニック解説記事の紹介」ってことでいいかなと ^^;



2013.8.19 追記(注記);

エッチング外注の値段は、あくまでもアルモデルさんに頼んだ場合の話で、他の模型屋さんや専門のメーカーに頼んだ場合の値段は知りませんので、誤解のありませんように。他所に頼んだらもっと高価かもしれません。

しかし、先日のJAM会場で社長がこれくらいが妥当とのことでしたので、どこに頼んでも原図送付して3センチ角くらいの抜き落としで3000円くらいは覚悟しておいた方が良いと思います。

これだとやっぱりF式でやってみる方が薬剤等の初期投資があるとはいえ、ずっと気軽に試行錯誤できることはたしかですね ^^;

« レゴの駅 | トップページ | PWM制御なんだ!レゴトレインのパワーユニット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レゴの駅 | トップページ | PWM制御なんだ!レゴトレインのパワーユニット »