2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ファインスケール蒸気の足回り写真 | トップページ | ピーティヴェの単端”AUTORAIL” »

2013年5月18日 (土)

ディスプレイケースつくり

レールヨットのディスプレイケースをつくりました。

といっても、アクリルケース自体はネットのアクリル板加工屋さんに注文して作ってもらったものです。昔みたいにハンズでアクリル板を買ってカットしてもらって自分で組み立てるなんて気力はもうありません。

なんてったって、プロの仕事は正確で綺麗。それに、昔に比べたらずっと費用も安くなりました。

というわけで、つくったのはベースのみ。ベニヤ板をカットして角材でかさ上げし、緑のレイアウトマットを貼付けます。周りにフローリング補修用の木目テープを貼付けて出来上がり。

コルクシートを道床に見立てて枕木を間引いたフレキシブルを貼付け、両脇にヒートンを植え込みます。これはヨットの固定用。そんなにがっちり固定する必要もないので、釣り糸を利用した方法です。

出来上がりは、まあ、こんなもんかな? フレキシブル線路がちょっと不本意ですが、木製の枕木にハンドスパイクする元気はありませんでした。

Img_0681 Img_0679

できあがってから、どうも車輛のディズプレイ角度が気に入らないのに気がつきました。

これはもういちどやりなおしかな?せっちゃくざいつかわなけりゃよかったなあ……


« ファインスケール蒸気の足回り写真 | トップページ | ピーティヴェの単端”AUTORAIL” »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファインスケール蒸気の足回り写真 | トップページ | ピーティヴェの単端”AUTORAIL” »