2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 欧米人の情報伝達認識の仕方について | トップページ | お立ち台(HOn30 オーストラリア編)その2 »

2013年4月19日 (金)

お立ち台(HOn30 オーストラリア編)その1

数日前から、久しぶりにお立ち台を作ってみることにして毎日ほんのすこしずつですが手を動かしています。

先日作ったシュガーケインカーなんかをちょっと並べて飾ってみたいなとおもったのをきっかけに、単身赴任先で出来る範囲での工作です。

とりあえず、押し入れの下敷きにしてた2.3mm厚ベニヤを切って、なぜか単身赴任先に持ってきていた篠原HOn30ナローのフレキシブルレールを敷き、コルクを貼り重ねて緩やかな地形を作りましたが、十数年もののホワイトボンドが劣化しててモロモロ状態。買い直しに行くのもめんどうだし、えいこのまま使っちゃえと……

Img_2316

なんかちょっとでこぼこでちゃんとくっついてないところもありますけれど、若い頃とは違い、気力も精神力も潔癖症も完璧主義も、文字通りきれいさっぱりと消滅しちゃってるので、安易にこれでよしということにしました。ま、若いころもえーかげんだったので何を今更って感もありますが。

で、固まった頃をみはからって、カッターナイフとワイヤブラシで段差を削り、地形をととのえて、今日はここまで。

Img_2317

さて、たしかこないだ、むかしむかしにオーストラリアに旅行したときに採取した赤土を持ってきたと思うので、どっかにあるはず。探さなきゃ。

あ、その前にバラスト撒きですね。これもトミックスの買い置きがどっかにあったはず。探さなきゃ。

ずっと本格的に地面ものの模型工作していないので、どうなることか、心許ないことおびただしい新プロジェクト開始です。

« 欧米人の情報伝達認識の仕方について | トップページ | お立ち台(HOn30 オーストラリア編)その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧米人の情報伝達認識の仕方について | トップページ | お立ち台(HOn30 オーストラリア編)その2 »