2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 渋谷駅東急東横店の商品搬入システム「フローベア」 | トップページ | アメリカ森林鉄道WSLC風デッキ付き貨車 »

2013年3月16日 (土)

LEGO ロールスロイス

ハーレーダビッドソンと同時期の製品です。

数十年ぶりに組み立ててみて、テクニックや特殊パーツがまだない時代に、これほどまでにイメージを的確につかんだ造形センスにあらためて驚かされました。巧みにデフォルメされたいかにもレゴらしいデザインはまったく古さを感じさせません。かえってその造形の巧みさに感動を覚えます。このセンスの良さは模型工作が好きな人間としてとても勉強になります。

Img_0471 Img_0465 

インストラクションは、現在に比べたらずいぶんとステップが少なく、組み立て図を良く観察しないとなかなか正確には組み立てられません。そういう読み取りの能力も要求される製品でした。でも基本ブロックだけの組み合わせなので、ポッチの数を数えながら見えていないところを想像しながら組み立てていけます。それがまた頭を使いながら組み立てるという楽しみになっていたのだと思います。

Img_0469 Img_0468 Img_0470

下は一緒に保管してあった、初期テクニックシリーズのバギーです。ハンドルステアリング機構と車輪に連動してエンジンのピストンが動くギミックが新鮮でした。

Img_0474 Img_0475


« 渋谷駅東急東横店の商品搬入システム「フローベア」 | トップページ | アメリカ森林鉄道WSLC風デッキ付き貨車 »

コメント

美しいモデルですね。
題材が題材ですので、品の良さが尚更強調されてるように感じます。今なら金色ラメ入り部品使ってしまう部分が黄色で処理されてるのも却って上品……。
(とはいえ、これをそのまま今の商品にしたら売れないとは思いますが。これがレゴの難しいところです)

インストのステップが荒いのは昔のレゴはみんなそうですね。パズル的な部分もあったりして、それはそれで「解けた」時が凄く嬉しい。
で、今のはちょっと丁寧すぎるかなぁと思ったりします。まぁ組み方わからない・難しいというクレームは少なくはないのでしょう。

また、白やクリアの劣化が殆ど見られないのも素晴らしいコンディションです(紫外線には注意されますよう!)。

大事になさってくださいませ。

関山さま

これはこの時代のレゴ造形の完成形態の一つではないかと思います。このあと、テクニックや特殊形状部品などが現れて、一挙にデザインのテイストが変わって行きますね。

ウチにはロールスロイスのほかに、もう一つ、この時代の製品、赤いキャデラックが眠っているはずです。そのうちにまた引っ張り出して組み立ててみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渋谷駅東急東横店の商品搬入システム「フローベア」 | トップページ | アメリカ森林鉄道WSLC風デッキ付き貨車 »