2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 103系を買ってしまいました。 | トップページ | ミニカー大人買いしてしまいました。 »

2013年2月11日 (月)

アンティーク・ビンテージおもちゃのこと(妄言駄文注意)

正直言って興味はありません。

でも、やたらとメディアなどに登場するし、高い値段で取引されていて、博物館なんてものまで出来ている、と来ては何か一言言いたくなるのは抑えきれません。で、以下、極論ですのでそのあたり割り引いてお読みください(^^;;;

さて、と、まずはですね、こういうことを否定的な雰囲気で話題にしようとしているのは、アンティーク・ビンテージおもちゃ(模型)を買ったり所有したり出来るだけの財力が無いから、と思ってもらってもべつにかまいません。そう思われようが思われまいが別にどうでも良いことだから。

いいたいのは、大抵のブリキなどのアンティーク・ビンテージおもちゃって、客観的に見て、デザイン的にも構造的にもそんなに優れたものは少ない様に思う、ということ。それに尽きます。

美術工芸品なら、真贋によってどうのこうのというお話はありますが偽物でもこれくらいのデキならそれなりに価値がある、とかやってますよね。ところがアンティーク・ビンテージおもちゃに関してはそういう感覚がほとんど無い。単に保存状態がよいかとか現在残っている数が少ないとか、それだけのことで価値が決められてたり賞賛されてたりします。

私が興味のある鉄道模型でも、アンティーク・ビンテージと称される製品の中に、自分で所有したいと思うものはほぼ皆無です。それをいうとアンティーク・ビンテージの良さがわからない、とか、価値を知らない、とかセンスがない、とかさんざんなことを言われそうですが、それでも自分としてはあんまり興味はありません。

ただ、それを使って子どもが遊んでいる場面や、動かして愉しんでいるところを見るのはよいものですし、アンティーク・ビンテージ・トイ・トレインを題材にしたフィルム(注*)などは、アートとして鑑賞に値する優れた映像作品としてとても好ましく感じています。ただ、このフィルムに登場するような一定の基準を満たすものを除いてアンティーク・ビンテージおもちゃにはあまり価値は感じない。

そういうおもちゃは大抵の場合、一言で言って、稚拙なんです。その時代の最先端の技術を駆使してつくられたものでもない。ほんの一部の特殊な製品、たとえば当時の貴族や裕福な商人や資産家などの趣味のためにオーダーメイドでつくられた製品とかアーティストや優れたセンスや技巧を持つ趣味人が残した作品とか、を除けば、大抵は商業製品として大量生産されたもの、すぐに使い捨てられることを前提としたものです。中には優れた作品と言えるものもあるにはありますが。だから現在は少ししか残っていない。そしてそのこと自体が価値になってしまっています。

いや、その当時の生産技術との兼ね合いでのデフォルメが素晴らしいのだ、そこに価値があるのだなどと言われるのかもしれませんが、デフォルメがデフォルメになってないようなデザインのシロモノがそれこそごろごろしている、というよりほとんどがそういうたぐいの製品です。

それが悪いと言っているわけじゃありません。それはそれでいいんです。だからこその「おもちゃ」なんですから。

そこに「おもちゃ」以上の価値をむりやりくっつけて褒め称え、異様な価値を付加することに納得がいかない、ということですね。

なんだかんだといいながら、自分もくだらない現代のおもちゃ、特に鉄道関係乗り物関係を収集していますから大きな事は言えないのは承知ですが、それでもデザイン的に優れたおもちゃに目がいきますし、最近はそういう造形に優れた製品が多いこともありがたい限りだと思っています。

逆に、だからこそ、異様に稚拙だったり粗雑だったりするアンティーク、ビンテージなどと言われるおもちゃ類が、かえって、なつかしい形態、すばらしいデザイン、デフォルメなどと言われ、価値があるものとして評価される風潮があるのかもしれないと思います。

自分はおそらくこのままずっとアンティーク、ビンテージおもちゃの世界には縁がないでしょう。それで良いんだと思います。欲しいもの、興味があることは、アンティーク、ビンテージの世界に属するものではなく、今現在の世界で現在進行形でデザインされつくられつつあるもの、ちょっとかっこよく言えば現在そして未来に向けて創造されるもの、だから。

もちろんその対象や造形が未来志向のもの、というわけじゃなく、それこそ過去に存在した事物をモチーフとしたものであってもよいし、ばりばりの写実であってもかまいません。そこに現在、そして未来にかかわる技術やデザイン、そして創造力のかけらが織り込まれてさえいれば。

と、まあ、こんなとこでしょうか、今回の妄言は……、しかし、また性懲りもなく、なんかよくわけのわからん駄文をつづってしまったこと……

痛みと体調不良の苦し紛れのストレス解消のために書き散らした駄文として読み飛ばしてくだされば幸いです。って、ここまで読んじゃった人には、すでに手遅れですね。ごめんなさい。(^^;;;


注*:
Toccata for Toy Trains というアンティーク・ビンテージ・トイ・トレインを使った有名なアニメーション・フィルムがあります。好きなフィルムです。もちろん持ってます。むかしむかしに機芸出版社から直接通販で購入した大事な大事なビデオテープのコレクションです(^^;;;

なんと、youtubeで検索したら出てきましたので貼付けておきます。名作だと思います。

« 103系を買ってしまいました。 | トップページ | ミニカー大人買いしてしまいました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 103系を買ってしまいました。 | トップページ | ミニカー大人買いしてしまいました。 »