2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 「とれいん」誌連載「蕗狩通信」の整理 | トップページ | ロンビックイコライザ »

2013年2月23日 (土)

Arduino電子工作参考書 「Arduinoでガジェットを作ろう!」

秀和システムから「Arduinoでガジェットを作ろう!―たのしい電子工作」という本が出たみたいです。

新しく出た電子工作参考書ですが、目次を見るとかなり使えそうです。Arduinoが前提になっていますけれど、普通の電子工作に関する基本テクニックとしても応用の利く内容だと思います。

私のようなめんどくさがりには、プリント基板を自分でエッチングするのは大変な作業でしたけど、現在ではどうやら簡単に小ロットで外注できるんですね。そのための回路設計から発注まで、基盤の設計デザインを行うパソコンソフトの使い方から丁寧に解説されているようです。

アマゾンでは「この本は現在お取り扱いできません。」になってますけど、発売されたばかりだからかな?書店には入荷しているんでしょうか?田舎住まいのアマゾン頼みなので入手もままなりません。早く取り扱いを開始してくれないかなあ。

とりあえず、ご参考まで、出版社のページから「目次」を転載します。Arduinoと電子工作初心者にとっては本当に興味深い項目が並んでいます。

Arduinoでガジェットを作ろう!―たのしい電子工作
高橋 隆雄
秀和システム
売り上げランキング: 2,303,006
   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
目次
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
chapter 1 : Arduinoについて、シールドの設計・製作をする前に
1-1 Arduinoについて
   Arduino Uno
   Arduino Leonard
   Arduino Mega 2560
   Arduino Due
   Arduino Micro
1-2 Arduino IDEについて
 ●Arduino IDEの入手と簡単なスケッチ
1-3 回路設計をはじめよう!
 ●プリント基板を使うことのメリット
 ●やっかいだったプリント基板
 ●安価な製造会社の登場
 ●本書における作業のすすめかた
  ・・何を作るか考える
  ・・回路を考える
  ・・試作する
  ・・基板を設計する
  ・・プリント基板を発注する
  ・・実際に組み立てる
  ・・組み立てたものを動かしてみる
 ●作ったものを『売る』ことも視野に入れてみよう
1-4 プリント基板の基礎知識
 ●プリント基板の構造
1-5 基板上の名称
 ●覚えておきたい基板上の名称
   ホール
   ランド
   Via
   パターン
   シルク
   レジスト
   レイアウト

chapter 2 : EAGLE を使って設計してみよう
2-1 ArduinoのシールドをEAGLEで作ろう
 ●EAGLEの入手とインストール
   EAGLEとは
   ライセンスによる違い
   EAGLEのダウンロード
   EAGLEのインストール
2-2 ArduinoのシールドをEAGLEで作ろう
 ●ライブラリの入手
2-3 ArduinoのシールドをEAGLEで作ってみよう
 ●回路作成の練習
 ●プロジェクトの作成
 ●ライブラリの指定
 ●回路図を書く
   部品を追加する
   部品を整列させる
   部品間を配線する
   エラーチェックを行う
●基板を設計する
   部品を配置する
   配線する
   外形を書く
   少し拡張する&工夫する

chapter 3 : シールドを作ってみよう
3-1 「電子サイコロ」をシールド化する
 ●何を作るか考える
 ●回路を考える
 ●試作してみる
 ●部品を選定する
3-2 回路図を書く
 ●回路図 or 試作
 ●部品を選定し並べてみる
 ●配線する
 ●基板上に部品を配置する
 ●基板上のパターンを配線する
 ●外形を指定する
3-3 データから基板を注文してみる
 ●基板を発注する
   まず基板をチェックする
   基板データを用意する
   発注する
 ●組み立てる
 ●動作を確認する
 ●“サイコロ”のスケッチを書く

chapter 4 : 「しゃべる時計」シールドを作ってみる
4-1 音声合成システム~AquesTalk pico LSI
 ●構成図
 ●部品の選定
 ●回路図を書きながら考える
   RTCまわりを書く
   アンプまわりを書く
   シールドまわりを書く
   AquesTalk pico LSIを書く
   I2Cバスを配線する
   拡張可能なようにヘッダ用の穴を用意しておく
4-2 回路図の完成とERC
 ●基板をレイアウトしパターンを書く
 ●パーツリストを作る
4-3 基板ができたら動作確認する
 ●しゃべらせてみる
 ●RTCの動作を確認する

chapter 5 : ある機能に特化したArduino 互換機を作ろう
5-1 Arduino互換機を作って時計にする
 ●CPUまわりを設計する
 ●FTDIヘッダ、ICSPヘッダをつける
 ●液晶用コネクタをつける
 ●AquesTalk pico LSIまわりの配線を行う
 ●基板をレイアウトする
 ●大変な間違いに気付く
 ●基板が完成したなら組み立てる
 ●ブートローダーを書き込む
   Arduino IDE + USBtinyISP
   AVR Studio + AVR ISPmk2
   AVR Studio 4を使う場合
 ●どうやって使うの?
 ●修正したくなったら?

資料
 ●資料1 Arduinoスケッチの書き方
 ●資料2 Arduinoのリファレンスはどこにある?
 ●資料3 Arduinoのデバッグはどうする?
 ●資料4 Arduinoライブラリの使用方法
 

« 「とれいん」誌連載「蕗狩通信」の整理 | トップページ | ロンビックイコライザ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「とれいん」誌連載「蕗狩通信」の整理 | トップページ | ロンビックイコライザ »