« 1/72 フォルクスワーゲン・バス | トップページ | SNCF140Cローカル線旅客列車編成かざりつけ »

2013年1月 6日 (日)

トラン・ブルー編成飾り付け

体中が痛い上に頭痛までぶり返してきてどうにも不調の極みなんで、自動往復運転線の上を掃除してトラン・ブルー編成を飾り付けてお茶を濁す事にしました。

牽引機はBR38を乗っけてみたのですが、やっぱりドイツ機はもうひとつ似合いませんですね。ということでSNCF231Eにして飾り付け。後ろの方に見えてるアニキャラ風フィギュアは無視してください。arduino電子工作の作品ですが写真を撮るときに退かしとくのを忘れました ^^;

Img_2178 Img_2180

こうやってみると、自動往復運転線の棚がずいぶんとスウェイバックしてますね。そろそろクインポスト立ててしのがなきゃいかんかな?

それにしても頭が痛い……困ったものです。


« 1/72 フォルクスワーゲン・バス | トップページ | SNCF140Cローカル線旅客列車編成かざりつけ »

コメント

引き続きコメントいたします。

「青列車」個人的には大好物で、無論レゴでも濃青部品がリリースされだした頃から作り出しています(笑)。現在4両配備で2両が整備中。

機関車がドイツ機だと似合わないというのは同感ですね。S3/6とかに牽かせてもぱっとしません。フランス蒸機はまだ作ったことありませんが、231Eは確かに美しいですね。制作候補に加えてみます。

ちなみにレゴの世界でもフランス機は人気無いです(苦笑)。一般的な鉄道模型同様、ドイツとアメリカ圧勝の世界ですね。

フランス機は蒸機・電機とも美しい機関車揃っていると思うのですが……。まぁそこを開拓していく楽しみはあるのかもしれません。
(完成品のリリース待たなくていいのはレゴの良い所です)

良い写真、見せていただきました。

関山さま

そうなんですよ、ドイツ機が似合わないのはどうしてなんでしょうね?

ラインゴルト編成なら似合うのかもしれません。微妙なデザインの感性の差というものがありそうな気がします。

ところでトラン・ブルー編成、以外と近代電気機関車にもマッチするんですよ。これはおもしろいところだなと思いました。

フランスの車輛は独特の魅力があります。ぜひレゴで再現してください。

再度失礼します。

機関車と客車の似合う・似合わないっていうのは不思議ですね。実物であった/なかったと必ずしもシンクロしませんし。
(実物で存在してると若干の説得力ありますが)

>トラン・ブルー編成、以外と近代電気機関車にもマッチする

うちでは2D2 9100が定番組わせですが(これは年代的にも似合うかな?)、BB9200のキャピトール仕様とか、時にcc40100辺りと合わせています。赤や銀の電機と青列車は確かにしっくり来て、お気に入りの組み合わせです。
(近代……というのがVVVF以降の話でしたら失礼します。でもそれはそれで、今の動態保存車なら十分ありな組み合わせですよね)

>フランスの車輛は独特の魅力があります
気動車とかかなり「キ」てますものね。流線型蒸機もドイツの見慣れた奴とはぜんぜん違う。
あの辺も何時か作りたいと思う次第です。

2D2 9100は綺麗な機関車ですね。BB 9004やDBの103と並んでコレクションしたい機関車のひとつです。今のところ新品では市場に出回ってないし、価格的にもなかなか手が出せませんが。

手を広げてDB103なんぞ入手したらラインゴルト客車編成まで手をだしそうでちょっとこわいですしね(^^;;;レゴではラインゴルトはわりと作られているのではないでしょうか?

私の手元にある近代電気機関車はもうばりばりの現役モノÖBB 1016とSBBクロコダイル、それにFS E.444 タルタルーガですが、それでもなぜかおかしくありません。

http://skt48.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/bb-1016-997e.html

もちろんSNCFのゲンコツ形値機関車が似合うのは確かで、魅力を感じてはいますが。あれはたしかJAMのときにレゴでの作例を拝見したような気がします。

フランス型の車輛は日本ではドイツ型やオーストリー型に比べて人気がないのはなぜなんでしょう?やっぱり独特のあのちょっとヌメッとしたラインに好き嫌いが表れるのかもしれませんね。

フランス型ファンとして、ぜひぜひ様々なフランスの車輛がたくさんレゴ化されるのを見たいものだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/72 フォルクスワーゲン・バス | トップページ | SNCF140Cローカル線旅客列車編成かざりつけ »