« 中学生の頃に作ったNスケールストラクチャ | トップページ | プリザーブド苔 »

2013年1月20日 (日)

モーター軸カット

単身赴任先から自宅に帰宅したおりに、久しぶりに天賞堂に行きました。

目的はパワートラックのモーター、キドマイティー。WB24.5用のを求めたのですが、在庫切れ。汎用のキドマイティーの中から本体の長さがケースに合致するサイズ2を求めましたが、汎用品はシャフトが長いのでカットしなければなりません。

使ったのはプロクソンのモーターツール。これにカッティングディスクを取り付けてカットしますが、キドマイティーは構造がむき出しなので、カットの際に飛び散る鉄粉が大問題。マスキングテープでぐるぐる巻きにしてシールし、シャフトをカットしました。

Img_2215

こういうこと、何の気なしにやってますが、道具がないと出来ない加工なんですよねえ。長年の間に少しずつ買い求めた道具があるからこそこうやって気軽に加工が出来るんですけど、工作趣味を始めたばかりの人は大変だろうな、と改めて思います。

ところで、このプロクソンのモーターツール、レシート見ると1984年の夏に北海道で買ったもの。ボール盤として使うためのスタンドと合わせて19,000円。当時としてはすごい値段したんだなあ……就職して間もない頃にボーナスで買ったと記憶しています。

当時は道具も本も模型も昔は高価なものをそういうものだと思って買っていたように思うのですが、現在、実質価格はうんと安くなっているのに、昔に比べて相対的に高いと感じたり買うのを躊躇してしまうのはなぜなんでしょう?

とツイートしたら、

>歳を取って、若い頃みたいにお気楽に金を使えなくなった(実質的にも気分的にも)からでしょう。

と……

そうか、歳を取ったせいか。洋々たる未来が開けている若さのアドバンテージというものをしみじみと感じた瞬間でありました^^;

« 中学生の頃に作ったNスケールストラクチャ | トップページ | プリザーブド苔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中学生の頃に作ったNスケールストラクチャ | トップページ | プリザーブド苔 »