2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« TMS合本 | トップページ | 1/72 フォルクスワーゲン・バス »

2013年1月 4日 (金)

LEGO ハーレーダビッドソン POLICE

お正月に自宅に帰った折に、嫁さんに無理を言って押し入れの奥からレゴの箱を取り出してもらいました。

箱を開けたら学生時代から子供に買い与えたレゴまでいろんなものがごちゃあっと……

幸いインストラクションもしっかり保存してあったので、そのなかからハーレーダビッドソンを組み立ててみました。

Kc4a0420

シールラベルの部分はばらしていなかったので、経年変化ですりきれてはいますがなんとか見られます。

これ、学生時代に購入したもの、ということはもう40年近く前になるわけですね。さすがに白いブロックは黄色っぽく変色していますが、材質の劣化などは特になさそうです。

まだレゴテクニックが無かった時代、特殊なパーツをほとんど使わずにこれだけの造形をやってのけているというのは感動もののような気がします。

これを参考に別パーツを加えて組み替え、スクーターを作ったのを思い出しましたが、写真とっておけばよかったなあ。

インストラクションにはその当時に発売されていた乗り物シリーズの写真が掲載されています。このなかのロールスロイスも持っているのですが、これはパーツを探し出して組み立てるのが大変そうなので、今回はあきらめました。そのうち時間があるときにぼちぼち組み立ててみたいと思います。

Kc4a0419

でもなあ、レゴって組み立てるとかさばるんだよなあ……写真撮ったらまた分解して、こんどは作品毎に袋詰めする事にしようと思っています。

« TMS合本 | トップページ | 1/72 フォルクスワーゲン・バス »

コメント

はじめまして。
僕もナローやってます。

レゴブロックは、自分のイメージを簡単に作れる(プラ板切った貼ったしなくて済む)ので、たまにいじくります。
小型車両組んで「こんなの作りたいな〜」とかやります。

えらい角張ったシェイだなと良く見ると、レゴブロックでした。ここまで出来ると、大人も夢中になるのも分かります。
http://farm3.staticflickr.com/2432/3988059749_3d67a7cf9b_z.jpg

今年もよろしくお願いします。

トトロさん、はじめまして。ブログ拝見してます。

レゴはブロックの形態に制限がありますが、それゆえ独特のテイストのある造形が自然と出来上がるので、パズル的な意味合いも含んだ造形試行錯誤とデザインの訓練にもなりますね。

「レゴ推進機構」というページも参考になりますよ。

railtruckさま

今年もよろしくお願いいたします。

これはすごい作品ですね。レゴゲージのスケールではなさそうです。個々まで精密にやろうとすると、レゴゲージのスケールではおさまらなくて、自然とナローゲージの状態になっているんでしょうね。

ほんとにレゴはやりだすと止まらなくなります。ファンが増えてくれて、レゴトレインのジャンルが充実してくれるとうれしいんですが…

巧まずしてできてしまうフリーランスとしては大変優れた造形になってしまうのがレゴの特徴なんですけれど、スケール派、正当派からはちょっと距離を置かれているのが残念です。

「Lゲージ推進機構」の関山です。

このハーレーは幼い時期のカタログに載っていたのを覚えています。フィグスケール(但し旧フィグ。手足ない奴)の街や車に惹かれていた頃でしたので、この種のモデルに当時は興味有りませんでしたが……。

 今見ると、当時の部品でよくぞここまでの造形を為したなぁと感動してしまいますね。ブロックのプリミティブさと、プロトタイプの美しさがミックスした、この時代ならではの結晶。パーツの見立てや応用も素晴らしいです。
(エンジンの組み方が、今から見ると「えっ?」って感じですが、これも立派な表現方法なんですよね。ミッション廻りもハーレーっぽい重量感)

 あと、コンディションも良いですね。耐久性という意味では他のプラ製玩具とは別格であることを今更ながら再認識させられます。

ロールス・ロイスの復元も楽しみにしております。

あと、自分も当時もののレゴ汽車の復元、頑張りませんと。2013年現在のリアルなものも好きなので、ここは「併存・併用」ですが。

関山さま

ほんと良く残っていたものだと思いました。スタンドパーツだけは出てこなかったので三角形の屋根部品を片側に取り付けて立たせています。

この時代の乗り物シリーズはほんとうに良くできています。テクニックが出る前と出た後では造形に明らかな違いが表れてくるように思うのですが、いかがでしょう?

もちろん、テクニックのおもしろさは稼働すると言う要素がおおきいこともその要因だと思います。あのあたりからコンピュータとの連動やロボット素材としてレゴが急速に利用されるようになったんだと記憶しています。

そういえば、テクニック類を入れた箱の中に、初代ニューマティックマシンである赤いエクスカベータのインストラクションがありました。これもそのうち発掘して組み立ててみたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TMS合本 | トップページ | 1/72 フォルクスワーゲン・バス »