2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

ウェザリングについて(長駄文注意)

ウェザリングという言葉はいまや模型に関係のない人まで使うようになりました。

たとえば、衣料小物関係などでも、

=ウェザリングキルト ≪ボストンバッグ≫=
Weatheringとは、「汚れ、風化」などの事で、使い始めから長年使い込んだ様なヴィンテージ感を革への染色と加工で表現しました。

なんて説明が普通になってきているんだからその浸透の度合いには驚くべきものがあります。

でもねえ……、

と、ここからが、毎度おなじみ皮肉混じりの感想です。やなひとはここで潔く最後のほうのパラグラフまでスルーしてください。最後のほうにはちょっとは参考になるかもしれない情報orアイデア?がまじってるかもしれません。(笑)

鉄道模型のウェザリングは、最近、ちょっとやり過ぎの感があるように思うんですよね。

これがミッション中のAFVだとか軍用機なら良いんですけど、鉄道は廃業間近とか、人間の屑以下のチンピラやくざイデオロギー労組員様とかここにあえて文字に表すことをはばからざるを得ないある種の歴史的社会的民族的特権階級の方々とかが我が物顔に跋扈しておられるとかでもないかぎり、常識的に考えて安全上からも運行にかかわる職員のプライドや機械に対する愛情(のような人間ならかならず持っているはずのメンタリティが薬にしたくとも無いのがあの方面の方々です)からも、しっかり整備されているのが当たり前というか基本だと思います。だからどんなに古い機関車でも車輌でもよく手入れされ磨き込まれているのが普通じゃないかなあと。もちろん木造部分の割れや摩耗、金属部の変形や傷、腐食、塗装の傷みがあったり、部材の継ぎ目や隙間、奥まった部分に煤や汚れ、錆などが残っているにしろ。

ですから、最近の雑誌に紹介されている埃と錆と汚物がこびりついたようなすさまじく汚い機関車の屋根や下廻り、全体に塗装が劣化し錆や水垢がまとわり染みついたような薄汚い車体の実感的な塗装方法なんてのは、たしかに一つのすぐれた技法なのかもしれませんけど、好きになれません。AFVや軍用機の戦闘などによる汚れや傷の表現とは本質的に違うものですしね。単に手入れを怠っているだけ、整備不良の薄汚い汚れなんか見ただけでもぞっとするとおもうんですが、そういうのは私だけかなあ。

あれって、たとえば腐って刺激臭を発しているようなウニの塩辛の瓶詰めを「これぞ本物の発酵だ」とかなんとか言ってありがたがって食べてるのとたいして違わないんじゃ無かろうか……

……なんて、また口の悪いことを……我ながらこの皮肉屋の性格って何とかならんのかなあ、性格悪いよなあ、と毎回反省しきりですが、もう書いちゃったんだしまあいいかと……(苦笑)

あ、廃車体とか廃墟とかの表現なら、それはまた別の話ですよ。念のため。それはそれでまた別の美意識ってのがあります。すごいテクニックやセンスがいるものだと言うこともよっくわかっているつもりですし、自分にはちょっと無理だと言うことも認識しています。その上でのおはなしですので、そのところ誤解のありませんように。

そういや、ぜんぜん関係ないんですけど、最近キムチ食べられなくなっちゃったんですよね。あの臭い、しばらく前から自分の中でなんか腐臭と区別がつかなくなってきたみたいで……そのきっかけが不明。加齢による体質や好みの変化のせいなんですかね?。もともとキムチって刺激臭もあるし刺すような味がすることも往々にしてある食べ物なんだからあの味で良いんだと思うんですが、いったん味覚嗅覚が受け付けなくなると駄目なんですね、食べ物って。

はなしをもどして、とにかく、汚い機関車は大嫌いです。もちろん薄汚れているのもとっても厭ですし、それこそ汚物にまみれているようなのものなんてのはもってのほか。美しく汚れた機関車なんて現実には存在しないと思います。あるとしたらそれはAFVや軍用航空機で見かけることのある良くできた迷彩塗装のようなものじゃないでしょうか。

だから、よく手入れされ磨き込まれた古い機関車、冒頭に挙げたボストンバッグのウェザリングの説明じゃありませんが、「長年使い込んだ様なヴィンテージ感」を感じさせるような燻し銀的な、それでいてぴかぴかの機関車が理想。私の好みです。

けれど、これがむずかしいんですよね。どうやったらそんな風なテイストを出せるのか。

ひとつ参考になるのは、ローソクの煙でいぶす方法ですけれど、プラスチック製品全盛の現在ではなかなか試すわけにもいきません。ローソクの炎の上に持っていったりなんかしたら、あっけなく溶けちゃいますもんね。

でも、ものはためし、箱から出したばかりのきれいに塗装された傷一つ無い製品に菜種油などを燃やしてつくった油煙を筆ですり込んでみるのもありかな?などと考えているところです。あ、そういやエコーモデルで売られているウェザリングブラック、あれ、ちょうど油煙みたいなもんですよね。たしか持ってたはずなんだけど、こんど自宅に帰ったら塗装ウェザリング関係の材料箱をひっくり返して探し出して、ちょっと真剣にその効果を試してみようかな、と思います。
 
 
追記;

ちょっと検索してみたら、以前にもウェザリングについて書いてました

そのころから、やっぱりぴかぴか&薄化粧のほうが好きだったみたいです。(笑)

追記その2;

鉱山、炭坑鉄道などのナローの場合はどうなんだ? 基隆炭坑とかペルスの写真集みてたら、すごいよごれてるじゃん、という意見もあろうかと思いますが、私はあれは手入れ不足の汚れじゃなくて、ミッション中のAFVや軍用機と同じ種類の汚れと見なします ^^;

だって、泥を塗ったりぼろ布で穴を塞いだり、トタンで錆びた屋根をおおったり、精一杯の対策をし、毎日降り掛かるばい煙や粉塵、鉱滓などにまみれて働いているにもかかわらず、白黒の写真を良ーく観察すると、曲がってひずんだ運転室の窓枠やバルブ部分、下回り可動部分などはちゃんと油が注されて拭われ光っているのが観察できますもんね。

ということで、あの汚れは、誰が何と言おうと、サボりによる手入れ不足やましてや人間の心を持たない社会共産系イデオロギー階級闘争フェチ(笑)チンピラ労働者の意図的な整備不良による薄汚い嫌悪感を催す汚れではない!という独断と偏見を強引な結論とします ^^;

2013年1月26日 (土)

虎ノ門病院カルテ搬送システム(その2)

わけあって、久しぶりに虎ノ門病院に受診したのですが……

2009年2月に書いた「虎ノ門病院カルテ搬送システム」ですが、2013年1月現在も健在でした。

4年前と同じく、天井の軌道、軌道分岐のためのトラバーサ機構、それに動き回るキャレッジ(車輛)もとてもきれいでちっとも古びた感じもなく、設備の隅々まで手入れが行き届いているようで、快調に仕事をこなしています。あらためてほんとうに、実用機械システムというのはこうでなくてはいけないなあ、と感心しきりでした。きっと定期的な点検整備なども確実に行われているんでしょう。

あまりおもしろかったので何枚も写真を撮り、良いシーンを狙ってビデオを撮影していたら、守衛さんが来て「病院内は撮影禁止です」と言って叱られてしまいました。カルテを運ぶ機械ですから秘密情報もあるとかで、あわてて「鉄道模型が趣味で、動きがあんまりおもしろかったのでつい撮影を」と言ったらわかってくれましたが、かなり恥ずかしい思いをしました。

病院内撮影禁止とはどこにも表示されていませんし、患者さんを撮影したりしなければ問題ないと思っていたんですが……注意しなければいけませんね。最初に断っておけば良かったのかもしれません。

ということで、下は貴重な映像です。照明が暗いのできれいには写っていませんが、おもしろい動きが見られると思います。30年前はマイコンもそれほど普及して無かったはずですからおそらくロジック回路で構成された制御システムだったんでしょうけれど、今はコンピューターも発達していますから病院全体の電子カルテや施設管理、スタッフ管理システムなどとも連動した管理・制御がされているんでしょうね。

どちらにしろ30年以上も同じ形態・構造の機械システムがそのまま稼働していることにあらためて感動を覚えてしまいます。

2013年1月21日 (月)

プリザーブド苔

今月のTMSにジオラマの植物シーナリィ素材に苔をプリザーブド加工して使うという記事が掲載されていました。

なるほどねえ、プリザーブドかぁ……たしかにプリザーブドフラワーなんか、とってもいい感じだし、苔の姿をそのまま固定できたらなかなか素晴らしい材料になるだろうなあ、と思います。

ただ、プリザーブドフラワーって、特に時間経つとやたらもろくなるんですよね。モノによっては色もあせてくるし……使っている染料の関係かもしれませんが。

とにかくもろいので取り扱いにはすごく注意が必要だと思いますし、加工がデリケートなのでおおざっぱな自分にはあまり向かないかなあ、と言う感じです。

あとでアクリル系塗料で着色する前提で、Dave Fraryがやったように薄めのグリセリン液煮沸後乾燥でいいんじゃないかとおもうんですが、どんなものなのでしょう?

2013年1月20日 (日)

モーター軸カット

単身赴任先から自宅に帰宅したおりに、久しぶりに天賞堂に行きました。

目的はパワートラックのモーター、キドマイティー。WB24.5用のを求めたのですが、在庫切れ。汎用のキドマイティーの中から本体の長さがケースに合致するサイズ2を求めましたが、汎用品はシャフトが長いのでカットしなければなりません。

使ったのはプロクソンのモーターツール。これにカッティングディスクを取り付けてカットしますが、キドマイティーは構造がむき出しなので、カットの際に飛び散る鉄粉が大問題。マスキングテープでぐるぐる巻きにしてシールし、シャフトをカットしました。

Img_2215

こういうこと、何の気なしにやってますが、道具がないと出来ない加工なんですよねえ。長年の間に少しずつ買い求めた道具があるからこそこうやって気軽に加工が出来るんですけど、工作趣味を始めたばかりの人は大変だろうな、と改めて思います。

ところで、このプロクソンのモーターツール、レシート見ると1984年の夏に北海道で買ったもの。ボール盤として使うためのスタンドと合わせて19,000円。当時としてはすごい値段したんだなあ……就職して間もない頃にボーナスで買ったと記憶しています。

当時は道具も本も模型も昔は高価なものをそういうものだと思って買っていたように思うのですが、現在、実質価格はうんと安くなっているのに、昔に比べて相対的に高いと感じたり買うのを躊躇してしまうのはなぜなんでしょう?

とツイートしたら、

>歳を取って、若い頃みたいにお気楽に金を使えなくなった(実質的にも気分的にも)からでしょう。

と……

そうか、歳を取ったせいか。洋々たる未来が開けている若さのアドバンテージというものをしみじみと感じた瞬間でありました^^;

2013年1月19日 (土)

中学生の頃に作ったNスケールストラクチャ

実家の人形ケースの中にあるのを発見しました。

日本僕有鉄道櫓軽線多美鳴駅セクションに続くセクション用に作ってあったものだと思います。

名松線のどっかの駅だと思いますが、これくらいの小さな駅、ナロー用にもいいかもしれませんね。

ほかにも農家やホッパーなども残ってましたので、一挙公開です。ま、中学生っぽい工作がほほえましい、って自分で何をいってるのやら(^^;;;

Kc4a0407 Kc4a0411 Kc4a0405

Kc4a0401 Kc4a0402 Kc4a0406

Kc4a0408

ところで本体の多美鳴駅セクションですが、そのまま処分してしまうか、それとも欲しい方がおられれば、って数十年も前に中学生がつくった劣化してぼろぼろのセクションなどどうにもなるものでもなし、今度帰郷した折に樹木やストラクチャを引っぱがして小さなジオラマにでも仕立てなおそうかと思っています。

2013年1月14日 (月)

デュアルゲージ・トリプルゲージ

例によって例のごとくやる気でない祝日のお昼前、ふとおもいついて「ゲージ」を辞書でひいてみました。

結果は……

gauge
1a 標準寸法,規格.
 b (銃砲の)標準番径; (鉄板の)標準の厚さ; (針金の)標準の太さ.
 c 【鉄道】 標準軌間.
 d (自動車などの)ホイールゲージ 《左右の車輪間の距離》.
2a (測定用)計器,計量器,ゲージ 《雨量計・温度計・水位計・風速計・圧力計など》.
 b (大工の使う)罫(け)引き 《平行線を引く時に使う》.
3 (評価・判断などの)標準,規格 〔of〕.→take the gauge of…
[株式会社研究社 新英和・和英中辞典]

ふーむ、c 【鉄道】 標準軌間. だって……てことはナローはゲージじゃないのか???
d (自動車などの)ホイールゲージ 《左右の車輪間の距離》.のほうが、ゲージ論にぴったり来そうな語釈ですね。

ところで、デュアルゲージとかトリプルゲージとかいうのは、実物で違うゲージが一緒に敷かれてるのをいうんですよね。

つーことは、温湿度計もデュアルゲージ? で、定規を横においてトリプルゲージ?

Img_2211

ゲージ; 2a (測定用)計器,計量器,ゲージ 《雨量計・温度計・水位計・風速計・圧力計など》. ですからね(^^;;;

2013年1月13日 (日)

HOコレクション整理

欧州型機関車のコレクションは原則元箱のまま保管しています。

かさばるので困るのですが、インストラクションや修理を依頼するときに備えて輸入したときのインボイスなどをひとまとめにして本体といっしょに残しておかなければならないので結果的に元箱保存することにしました。

ただし、すでに元箱がなかったものとあまりに大きすぎるものはバレンタインにもらったチョコレートの箱 ^^; を加工したものに入れ替えてあります(^^;;;

ある程度乱暴に扱えるアメリカ型とトーマスは自作の車輛収納箱に入れ、書類は別に保管しているのですが、欧州型は繊細で外れやすいディテールがたくさんついているので取り扱いに注意が必要ですし……ということで原則個別の箱でということになりました。

問題はどの箱にどんな機関車が入ってるのか覚えてないこと。ってこれは老化か(苦笑)。ま、端面には機関車の形式名と小さなイラストが印刷されたラベルが貼られているんですけどね。いちいちそんなとこまでひっくり返して確かめるの面倒だし、

ということで、ウェブページからそれぞれの機関車の写真をコピーして印刷し、箱に貼り付けたり、書類を入れる封筒をつくって箱の窓から見えるように工夫してみました。

こんな感じです。

Img_2201

これでなんとなく箱のままでもコレクションを楽しめるというか……ときどき出してみようかななんて思うきっかけが出来たように思います。無味乾燥な箱だと、ほんと、そのまんま段ボールの中に詰めっぱなしってことになりかねませんものね。

痛めた手ではちからのかかる作業や細かな模型工作は絶望的ですが、これくらいのことなら……これもまた模型をたのしむ一つの手段なのかなあ、と作業をしながらちょっとだけ楽しく感じている自分に気づいてなんとなく気分がよくなりました。

2013年1月12日 (土)

FNDM 9089

十数年前に最初に手に入れた欧州型のSLなんですが……その頃はなんの知識もなく、ただたくさんの動輪がぞろぞろと回っているのを見たいなあ、と天賞堂の4階でウインドウに並んでいた機関車を考えもなしに購入。緑色でちょっとかっこよかったし、コンパクトで精密そうな様子も気に入りました。

Img_2199

でも、帰宅してからよく見たら、箱が別の製品のもので後付け部品のパケットがついていません。中古品ってこんなものなのかもしれません。失われていたのはピストン尻棒とナンバプレートその他細々した、でも結構重要な部品なのでちょっとがっかりしましたが、しかたないなあ、適当に自作するからいいか、と思いつつすでにはや幾星霜(苦笑)。そんなに飾って眺めることもなかったし、まあいいかと。でもそろそろつくってやりたい気持ちもあります。

で、問題はこの機関車の素性です。キャブには”FNDM 9089と”いうレタリングがあるのですが、ネット検索しても全然引っかからない。いろいろ手を変え品を変えてトライしてわかったのは、FNDMというのがSNCB(ベルギー国鉄)のオランダ方面に向かう12号線アントウェルペン=ダム駅の駅コードであるらしいということ。

しつこく調べてたら、どうやらこの駅にdepotつまり機関区があったようで、その所属コードをレタリングしていたのかもしれません。

そこでふと模型のほうを検索してみたらと気づいてメーカーの名前を入れてROCO FNDM 9809で検索したら、画面に見慣れた模型の姿が。品番もわかったのでさらに検索したらRoco 43228 is an SNCB exBR57 produced 1988-91と表記されたページも出てきました。

で、さらに追っかけていくと、どうやらこの機関車、DB57のベルギー仕様ということが判明。元はドイツの機関車だったんですね。

ということでとりあえずは一件落着。結局、ウチのコレクションにベルギー国鉄、SNCB (Société nationale des chemins de fer belges)の機関車が加わった(もともとあった?)、ということで良いのかな?

しかし、この機関車、いろいろ検索しても実車の画像が見つかりません。どなたか情報をお持ちの方がおられましたらご教示いただければ幸いです。

2013年1月10日 (木)

SNCF140Cローカル線旅客列車編成かざりつけ

ひきつづき異常に調子でなくてへろへろ状態がつづいているので元気づけにと思って、棚上往復線のスウェイバックを直し、ディスプレイ線の橋脚代わりのルピシア試飲カップを並べ直して、こんどはSNCF140Cを牽引機にしたローカル線旅客列車編成を飾り付けました。

Img_2190 Img_2192

この4両編成の客車、10数年前に手に入れたものだとおもうけど、すでに元箱なし。プラケースに押し込んで日の目を見るのは何年ぶりでしょう。

トラン・ブルーの豪華列車もいいけれど、こういうローカル線ぽい編成もなかなか良いものですね(^^;;;

こういう実物写真のイメージを再現したかったのですが、成功しているでしょうか?

140_c_3142004 140_c_314austerlitz

写真はこちらから引用しました。


2013年1月 6日 (日)

トラン・ブルー編成飾り付け

体中が痛い上に頭痛までぶり返してきてどうにも不調の極みなんで、自動往復運転線の上を掃除してトラン・ブルー編成を飾り付けてお茶を濁す事にしました。

牽引機はBR38を乗っけてみたのですが、やっぱりドイツ機はもうひとつ似合いませんですね。ということでSNCF231Eにして飾り付け。後ろの方に見えてるアニキャラ風フィギュアは無視してください。arduino電子工作の作品ですが写真を撮るときに退かしとくのを忘れました ^^;

Img_2178 Img_2180

こうやってみると、自動往復運転線の棚がずいぶんとスウェイバックしてますね。そろそろクインポスト立ててしのがなきゃいかんかな?

それにしても頭が痛い……困ったものです。


2013年1月 5日 (土)

1/72 フォルクスワーゲン・バス

スーパーにお菓子を買いにいったら、棚の片隅に積み上げられてありました。ほかにも国連の白いランドローバーやプジョーのPOLICE Vehicle、フィアットかなんかのスポーツカーがありましたが、やっぱり一番かわいらしいのはこれですね。

Kc4a0428 Kc4a0426

1/72かあ……と思いつつ、やっぱり手を出しました ^^;

お値段400円の食玩扱いで、箱の底に小さなチョコレートが二粒入ってました。

出来はまあまあ、ちょっと割高だったかな?という感じ。もちろん中国製です。

いつでも床板を作ってHOの車輪を履かせられそうですが……アルモデルの7φくらいが適当かな?

まあこれもしばらくは塩漬けになる事でしょう。

2013年1月 4日 (金)

LEGO ハーレーダビッドソン POLICE

お正月に自宅に帰った折に、嫁さんに無理を言って押し入れの奥からレゴの箱を取り出してもらいました。

箱を開けたら学生時代から子供に買い与えたレゴまでいろんなものがごちゃあっと……

幸いインストラクションもしっかり保存してあったので、そのなかからハーレーダビッドソンを組み立ててみました。

Kc4a0420

シールラベルの部分はばらしていなかったので、経年変化ですりきれてはいますがなんとか見られます。

これ、学生時代に購入したもの、ということはもう40年近く前になるわけですね。さすがに白いブロックは黄色っぽく変色していますが、材質の劣化などは特になさそうです。

まだレゴテクニックが無かった時代、特殊なパーツをほとんど使わずにこれだけの造形をやってのけているというのは感動もののような気がします。

これを参考に別パーツを加えて組み替え、スクーターを作ったのを思い出しましたが、写真とっておけばよかったなあ。

インストラクションにはその当時に発売されていた乗り物シリーズの写真が掲載されています。このなかのロールスロイスも持っているのですが、これはパーツを探し出して組み立てるのが大変そうなので、今回はあきらめました。そのうち時間があるときにぼちぼち組み立ててみたいと思います。

Kc4a0419

でもなあ、レゴって組み立てるとかさばるんだよなあ……写真撮ったらまた分解して、こんどは作品毎に袋詰めする事にしようと思っています。

2013年1月 3日 (木)

TMS合本

この正月に帰郷したおりに実家の本棚で、71年のTMS合本と76年のバインダーを見つけました。

Kc4a0385 

今の人はTMS合本なんて存在を知らないでしょうね。ネットも無く、情報と言えばTMSが頼りの時代でしたから、新しく参入するファンには貴重な資料として需要があったからゆえの合本というわけですね。こういう広告が掲載されています。このころにTMS特集シリーズの「たのしい鉄道模型」も発売されていたんですね。

Kc4a0388 Kc4a0399

ずいぶんと繰り返し読んだらしくてハードカバーはぼろぼろ、表紙はノドがちぎれて外れていました。

久しぶりにページを繰って、懐かしい記事を眺めていたら、こういう広告が目につきました。左が71年、右は76年の広告です。

Kc4a0392 Kc4a0395

なんと、これで見るとミニトリックスのT3ですが、5年間で2倍の値段になっています。このころは高度経済成長期でインフレもすごかったのかどうなのか。ほかのモデルもそうだったのでしょうか?ちょっと興味あるところです。

それともう一つ、おもしろかったのがページの打ち方と年末総合索引です。71年のはなんと、年間通してのページノンブルを打っていますが、76年にはすでに各月事のページノンブルになっています。71年当時は1年間12分冊で1冊という感覚だったのですね。

Kc4a0386 Kc4a0391

現在から考えるとちょっと信じられない気がしますが、たしかに資料として検索するにはこれはなかなか良い方式だとも思えます。ただ、現在の冊子の厚さを考えると年間では楽に2〜3千ページ以上にもなりそうな気がするので、あまりかっこ良くないかも。

それと、なんと76年10月号に軽便祭りの開催広告が掲載されているのを発見。それにしても、主催:珊瑚模型/乗工社、後援:月刊・鉄道模型趣味、というのがなんかすごいなあと……

Kc4a0380 Kc4a0379 Kc4a0381

最後にもう一つ、76年の広告にこんなデバイスがあるのを見つけました。まだマイコンがそんなに発達していなかった時代です。おそらくは論理素子によるハードウェアプログラミングの参考実例としてもとても興味のあるところですね。

Kc4a0396

追記:雑誌の表紙や広告については著作権について問題になることもないだろうとおもいますのでケータイのちょっとピンぼけ写真で転載しました。もしクレームがつくようでしたらTMSに改めて許可を得るか削除するつもりです。しかし、本来ちょっとでも人の眼に触れさせて売り上げや知名度の向上に貢献することが目的の広告や雑誌の表紙(これは広告画面で普通に出てきます)についての著作権を主張して転載を禁止する場合って、どういう場合があるんでしょうか?よほどのオリジナリティーがある芸術作品的なものとか、そういうものをお金を払ってデザインの一部に利用したものとかかなあ?このあたりの扱いがどうもよくわかりません。

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。 はやぶさ 「こんなこともあろうかとダイオード」入手しました。

あけましておめでとうございます。

はやぶさ 「こんなこともあろうかとダイオード」を入手しました。

あの「はやぶさ」に使われていたダイオード、故障したイオンエンジンの「クロス運転」を可能にし、地球に戻ってこられるようにしたダイオードと同等の品です。

ネットで見つけて、思わず注文してしまいました。

Img_2175

領収書の添え書きに、

”いま、お手許にあるダイオードが、何かの動機付けや、あるいは、インスピレーションの源泉となる事を願ってやみません。”

とありました。

いいものを入手したと思います。

今年もこれで、なんとかがんばれそうな気分になりました。
 

入手先はこちらです。
 

ご存知の方も多いとは存じますが、このダイオードに関するエピソードについては下記リンクが参考になります。

KUMA YMコラム 12月8日「「はやぶさ」の危機(5)イオンエンジンがすべて故障」


KUMA YMコラム 12月21日「「はやぶさ」の危機(6)星野君の二塁打」

 

鉄道模型の自動往復運転線路の終端停止用なんかに使ったりしたらバチがあたりそうです ^^;


« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »