2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 100円ショップ糸ようじ箱でarduinoキャリングケース | トップページ | 鉄道模型デジタルモデリング »

2012年11月 6日 (火)

Nスケール KATO 小海線 C56 入手しました

買ってしまいました。

昔から好きな形態の機関車だったので、これもナローの分類に入れてよいんじゃないか、と考えて手を出してしまいました。

何十年ぶりの日本型本線モノ蒸気機関車模型購入でしょう?大学生の時以来かな?うちにあるのはすでに不動状態のKATOの初期C11, C62, D51, あ、それからナローの下回り取り用にアリイの9600とE10があったかな、それくらいです。

詳細は豊沢保樹さんの「Nゲージ蒸気機関車」の記事にお任せするとして……よくできてますねえ。できすぎです。老眼ではディテールを楽しむことも出来ません。虫眼鏡必須です。

私の入手した個体はハンドレールがかなり曲がってましたが、ピンセットで修正してほぼOK。ただ、外れやすいので注意が必要ですね。あちこちのブログなどで指摘されている前輪と第一動輪のスプリングが強すぎて第二動輪が浮くという現象はほんのわずかで気にならないくらいでした。老眼のせいでわからんとか(苦笑)

さっそく、ふるーい段ボールをひっくり返して、客車と貨車を数両引っ張り出し、ミキスト編成にして並べてみました。なんかオハ31が大きく感じるのですが、これでスケールはあってるのかな?

Img_2016

こっちの編成の並びの方が自然かな、ということで写真を撮り直してみました。

Img_2023

« 100円ショップ糸ようじ箱でarduinoキャリングケース | トップページ | 鉄道模型デジタルモデリング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100円ショップ糸ようじ箱でarduinoキャリングケース | トップページ | 鉄道模型デジタルモデリング »