2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

パーツのお買い物

単身赴任先から自宅に帰った折に池袋のイモンに立ち寄りました。

目的は1.4mmネジ2種類のみ。

カウンターで店員さんに「あのー、1.4mmネジの3mmと4mmの長さのがほしいんですが……ナベ頭の……」というと、間髪入れず「はい、わかりました」、といいながらよく整理された棚からネジ類の引き出しを抜き出して、さっと取り出してくれました。

「あ、これ、小頭のありますか?」

「はい、ちょっとお待ちを……あ、ありました!」、とカウンターの上にきれいに小さな袋が4つならべられました。

「ど、どうしよーかな……うん、これ、ぜんぶいただきます」って、総計わずか400円、エコーモデルは税別表示(←これ、けっこうイラっときます:苦笑)だから締めて420円のことなんですが、

「はい、お買い上げどうもありがとうございます!じゃ、袋入れますからちょっとまってくださいね!」、とまあ威勢のいいこと。

いっしょにいた嫁さんが、あとで、「あんなにちょっとしか買わなかったのに、いやな顔一つせず丁寧な対応してくれるって、すごいね。それにあんなにお客さんが入ってるなんておもわなかったわぁ」との感想。

そうかもしれません。品揃えがよく、店員さんの知識が豊富で、小さなパーツだけを求めに来る客にも丁寧に対応してくれる模型店って、ほんと、私みたいに気弱なモデラーにはありがたい限りです。お客さんがたくさん来て当たり前のような気がします。

こういう感じ、よくよく考えてみると天賞堂やカツミなど名のある鉄道模型専門店はどこでもそうですし、最近はヨドバシみたいな大手の量販店でもそれなりに丁寧に対応してくれるみたいなので、ずいぶん時代は変わったのかなあ、と言う気がします。

というのも、ずいぶん以前のことですけど、北関東に住んでいた頃、フリーランスモデルを造っていてNゲージ用パンタグラフが必要になり、それなりに老舗で有名らしいウェブサイトもある県内の某模型店に立ち寄って、「これこれこういう感じのパンタが欲しいんですけど、ありますか?」、と店主らしき人物に尋ねたら、

「品番は?種類はいろいろあるんだから品番がわからんと」とぶっきらぼうな対応。おはなしにもなにも……しかたがないので、棚に置かれているパーツ類の箱を手にとって見始めたら、すかさず後ろから、

「箱はあけちゃだめだ!」と大きな声が。トミックスのパーツは白いボール箱だから開けなくちゃどんな形してるのかわからないし、天賞堂でもtomixパーツの中身確認はOKだった記憶があるので驚きましたが、これまたしかたがないので、

「じゃ、カタログありますか?」ときくと、

「模型やってるんならそんなものは買っておくべきだろ……ちゃんと調べてから店に来るもんだ……」とかなんとか、もごもごつぶやきながら表紙の傷んだカタログを投げるようにカウンターの上に置かれた時点で、こちらもさすがにうんざりし、そのまま店を出たという体験を今も鮮明に記憶しているからなんですが……ひょっとしてあれはパーツ1個だけしか買わないような客なんぞ相手にしてられるか、ということだったのかなぁ。

今回あらためて記憶がよみがえったことで、自分がほとんど鉄道模型専門店に出向かず通販ですませるようになった理由がいまさらながらにわかったような気がします。あれはかなり強烈な体験でした。まあ、いまではもう自分の中でも笑い話になってはいるのですが……

プラモ専門店でパーツを求める機会は多いのですがそういう経験はまったくしていないしかえっていろいろ相談に乗ってもらったりしているのでこれは鉄道模型専門店ならでは、それもたまたまの例だったのかもしれません。じっさい静岡の「さの模型」さんではスパイク一袋買っただけでしたがとても親切に在庫を探してくれて対応も丁寧だったし。

ということで、むかしながらの個人営業の小さな模型店が無くなっていくのはさみしいかぎりだというノスタルジックな意見もあるとは思いますが、店の質によってどんどん淘汰がすすんでいくのは、それはそれで良いことなのだと思います。

だって、製品はだいたい量販店やその通販を利用すればよいし、鉄道模型パーツもイモンはじめパーツの品揃えの良い店が通販も取り扱ってくれていますし、なによりメールや電話でも相談に乗ってくれたりまでするので、全く不自由を感じませんから。

たしかに昔ながらの模型屋さんで店主や店員と模型談義を楽しんだり情報交換をしたりという楽しみもあるにはあるのでしょうが、考えて見れば、私みたいなコミュ障貧乏モデラー(あ、ばらしちゃった ^^;)にはあんまり関係ないし、ある意味いい時代になったんじゃないかなあとしみじみと感じ入っているところです(苦笑)

2012年11月25日 (日)

レールクリーニングカー

うちにある自作のレールクリーニングカーを引っ張り出してみたら、9mm用が4台、16.5mm用が1台ありました。

方式はいろいろ。フェルトや濾紙にクリーリング液をしみ込ませて拭き取るもの、サンドペーパーでヤスリ取るもの、クリーリング液をしみ込ませたペーパータオルを巻いたローラーをころがすもの、それぞれですが、それなりに効果がある事は間違いありません。

Img_0235

なんてったって部屋にいる間は鴨居HO運転盤壁際運転盤をずっと走らせっぱなし、祝日などはほぼ一日ずっとだらだらと走らせていた(現在は単身赴任中なのでもう数年以上前の話ですが)のでレールクリーニングは必須。こういう車輛を編成のしっぽにくっつけておくだけで安定した走行が確保できていたのは間違いありません。

ということで、この程度でもそれなりの効果は期待できるという事ですね。ご参考になれば幸いです。


追記:この写真、iPod touch 第4世代で撮影したものを無修正で掲載してるんですが、思いの外に解像度が悪いんですね。iPhoneとは規格がちがうのかなぁ。ガラパゴスケータイの方がうんときれいに撮れるという事実にちょっと驚いています。

2012年11月19日 (月)

自家製CM関節症固定装具(決定版?)

いままで100円ショップで手に入れた衣料用幅広ゴムテープをつかって嫁さんにつくってもらっていた自家製CM関節症固定装具ですが、このたび決定版が完成したのでご報告。

材料はやっぱり100円ショップのベルクロ(面ファスナー)止め汎用ゴムベルトですが、色が黒とか赤とか緑とかピンクとかいろいろあるんですよね。長さもちょうどいいくらいです。最初からベルトの色に合わせたベルクロも付いてるのでこれを付け替えるだけ。色が同じなので目立ちませんし、なによりゴムテープとベルクロを別に購入する費用がかからないし余らせることもありません!

Kc4a0282

これまでの衣服用のゴムベルトは白かったので汚れやすく、なんどせんたくしてもだんだん薄汚れてくるしそのうちよれよれになってきてみすぼらしさが尋常一様ではなく、気になることおびただしかったのですが、今回のは黒など濃い色があるので第一に汚れが目立ちません。そのうえ衣料用幅広ゴムテープより厚くて丈夫なのでしっかり固定されるし、言うことなしです。

みかけもなんか忍者みたいでかっこいいし……というのはいろいろご意見があると思いますが(^^;;;

Img_2034 Img_2035 Img_2036

というわけで、これまた嫁さんにお願いしてミシンでしっかり加工してもらいました。針仕事が苦手ならカッターナイフで切り外したベルクロを適当な大きさに切って位置を確かめながら接着剤で固定しなおすだけでも大丈夫なんじゃないかと思いますが……やっぱり縫った方がいいでしょうね。

CM関節炎の解説と自家製固定具の作り方が紹介されていたオリジナルページを再度リンクしておきます。

ということで、以前よりしっかりサポートができるようになって痛みは明らかに軽減しています。

おすすめです。

どうぞおためしください。
 
 
追記;

ここのところ焦る心をおさえつつずっとあえてなにもせずに長時間睡眠の結果、頭痛がかなり軽減。軽い痛みはありますが、頭痛がひどくないってこんなに楽な事だったんだとうれしい気分です。でも根本的な疾患がなくなったわけではなし、幾重にも注意が必要ですし、来年そうそう精密検査を受けた結果によってはそれなりの対応もしなけりゃ行けないでしょうから、神妙にすごす事に決めました(^^;;;
 

2012.12.5 追記

一つたいへんな問題が発生してしまいました。PL法(製造物責任法)の対象になりかねない瑕疵と言うことになりそうな案配かもしれませんので、対処方法とともに追記として掲載いたします(苦笑)

一昨日、セーターを脱ごうとしたら袖の折り返しがすり切れて穴が空いてしまっているのを発見!そういえば、固定装具のベルクロにやたらと毛糸屑がつくなあ、と思っていたのですが、まさかセーターの袖口の繊維を一所懸命絡め取ってひきちぎっていたとは……

ベルクロは堅いプラスチックの引っかけ鈎がびっしりと植え込まれている面と引っかけられる柔らかい繊維のループが並ぶ布状の面と2つの面が組になっています。この引っかける方の面が外側に向く方向にとりつけてあったのが原因でした。これが袖口にこすれるたびに毛糸をむしり取っていたというわけです。よく観察すると、なんとカッターシャツのカラーの内側も毛羽立っていました。

でも引っかけ鈎の面が内側に向いていれば、こんどは手首にあたっていたかったろうし……

で、考えたのは、いったん装着してみて、重ねて留めたベルトからはみ出た部分の引っかけ鈎をニッパーで刈り取ってしまうこと。これで解決です。いい加減に切り取るとひげをそり残したみたいになるので丁寧に根元からきる必要があります。それでもざらざら感は残りますが、毛糸をむしり取るような凶暴性は明らかに消滅します(^^;;;

ということで、緊急のおしらせでした。お役に立てば幸いです(^^;;;

すでに洋服をだいなしにしちゃったひと、ごめんなさい。でも私もこんな事になってるとは自分のセーターを台無しにするまでわかんなかったんだから、それに免じて許してください。ちなみにセーターは嫁さんに糸でかがって補修してもらいました。ちょっとみっともないけど、まあ気にしないことにします。

 
さらに追記;

ネットみてたら、こんなページを見つけました。

が、これ、CM関節症の症状を治療しているのではないと思います。画像で示されている痛みがある位置が違います。

指とは関係のない遠く離れた部位に施術すればCM関節症が治る、というのも真偽不明だと思います。少なくとも私は信用しません。でも、まあ、プラシーボ効果とか信じれば本当に治療効果が見られる例もあると聞きますから一概には言えませんので、このような治療を頭から否定することはしませんけれど。

私のCM関節症は自作の固定装具でほぼ再発を軽症にとどめることが出来ていますから、こちらの方の効果は個人差があるでしょうけど、いちおう保証いたします(^^;;;

2012年11月18日 (日)

はんだづけ♪ & Autorail Crochat

引きこもり&長時間睡眠でなんとか頭痛を抑えるのに必死であたま使うなんてもってのほかの体調ですので……なにもやるきがでません。

で、ちょこっとだけ、ミノムシクリップフィーダ線をつくる超簡単なハンダ付けで気をまぎらわせることにしました。

こんな感じです。

Img_2025 Img_2026
Img_2030 Img_2031

かんたんですね。絶縁には収縮チューブを使っています。ハンダ付けはレジン入り糸はんだでフラックスも何も使わなくてもあっさり完成。ミノムシクリップの金具をハンダ付けする前にあらかじめカバーを線に通しておくのを忘れないようにしましょう。

話し変わって、 Voie libre No.71にフランスのレイルカーAutorail CrochatのO16.5スクラッチビルトモデルの写真が掲載されてました。ナローガレージで扱っているHOn30のキットA2M Rail Carと同じレイルカーです。

Img_2032

魅力的なレイルカーですよねえ。記事では2007年に制作記事が掲載されていたようなので、おそらく図面も収録されていたとおもうのですが、そんなふるい号はもってないし……

まあ、もうちょっとショーティー化してフリーランスのデザインを楽しんでみようかな、なんて思っています。


2012年11月16日 (金)

スリッパの収納方法に関する考察 (模型工作とは無関係の駄文注意)

(注意書き)

今回は、頭痛に悩まされ模型いじる気力体力がないので、模型には関係ない単なる個人的ストレス解消駄文書きなぐりの残骸です。まがりなりにも模型工作関係情報を期待される方には、はっきりいって斜め読みするのも無駄な害毒的駄文ですので無視してください。

しかしまったくぜんぜん模型工作には関係ありませんので黙殺していただければ、って、だいたいにおいてハナから相手にされてないちうか黙殺されてるようなもんなんだからべつに断ることもないんだけど、たまさかにここまで読んで、それじゃなんでアップするんだなどと思われたりする殊勝な方への弁明としてですが、そこはそれ、こんなどこの馬の骨ともわからんような人間が書き散らしている辺境ゴミ屑ブログなんてのはある意味個人のストレス解消のためにあるようなものなので、と言うことでご容赦を(苦笑)

ーーーーー

最近は土足での入館が多くなったとはいえ、一般公共施設などでは訪れた客に靴からスリッパに履き替えさせることがまだ普通にみられる。が、ときどき、そのスリッパが重ねて収納されているのを不潔だと目くじらたてて怒り狂う人がいる。最近も地方紙でそういうコラムを見た。その理屈は、スリッパは床の汚れが足について不衛生になるのを防ぐためなんだから重ねるなんてことをしたら裏側のよごれがスリッパの足が触れる面についてしまうので意味がないではないか。よけいに不衛生ではないか、個人宅では決してこんな事はしない!、けしからん、当局(←笑)の衛生感覚を疑う、もってのほかだ、直ちに改善しろ、反省しろ、謝罪しろ、賠償しろ!(笑)ということらしい。まあたしかにそういう意見もあるとは思う。

しかし、一般公共施設の場合のスリッパの意味合いは衛生の問題とはまったく意味が違うのではなかろうか。単純に考えて泥のついた靴をスリッパに履き替えてもらって外の汚れを持ち込ませないようにして、公共施設として最低限の衛生状態もしくは清浄な環境を保つということが一番の目的であって、個々人の足の裏の厳密な衛生状態云々なんてことはこの場合重要な問題ではなくなっていると考えるのが普通だろう。素足にスリッパ履くわけじゃなし。

そもそも衛生環境を厳密に確保するというのなら、訪れた人に毎回新品か消毒済みのスリッパを提供しなければならないわけだが、一般公共施設の使用目的から常識的に考えてそんなことができるわけがないし必要とも思えない。ということで、この場合は重ねて収納されているスリッパのレベルで必要十分な役割を果たしていると考えるのが妥当という結論になる。

しかしまあ皮膚病や水虫の菌が蔓延した他人の足に履かれたスリッパなどだれだって履きたくはないだろうし、個人的に言わせてもらえば靴下をはいているからこそ他人の履いたスリッパが履けるのであって素足だったらそれこそ絶対に履きたくない。じっさいある病院で精密検査を受けた際に素足にスリッパを履かされて水虫をうつされた経験から、素足のときには公共施設でも旅館やホテルに宿泊したときでも共用のスリッパを履くのは固くご遠慮申し上げている。どんなに足の裏が汚れようが、水虫や皮膚病をうつされる確率は汚染されたスリッパを素足に履くよりはずっと低いはずだからだ。

さて、もうひとつのスリッパの役割は、単純に床の冷たさに悩まされないようにするための断熱用履き物、すこしでも快適に過ごせるようにと配慮して用意された設備としての役割だろう。だいたいの公共施設の床というのはコンクリート打ち放しによくてもリノリウムタイルやビニールクッションフロアで特に冬は冷えることおびただしい。場合によっては結露していることさえある。そんなところを靴下裸足で歩き回るのは拷問に等しいし、さらに一般公共施設などは予算の都合上そんなにきれいに清掃しているわけではないので、歩き回るたびに靴下でぞうきんがけしているようなものだから足の裏はすぐに真っ黒になってしまうだろう。せめてスリッパでその程度をすこしでも緩和できればという心配りから用意されたものと考えた方がうんと実情にあっていると思う。

ようするに、一般公共施設に求められるスリッパの役割と、個人宅や一部の医療機関などに求められるスリッパの役割は根本的に違うということだ。

スリッパを重ねて収納するのは不潔だと目をつり上げ青筋立てて口角泡を飛ばしながらいきり立つ方々は、一般公共施設ではなく、スリッパを重ねて収納したりしたらそれこそ床に大量に生息している雑菌ばい菌病原菌汚染物質がうじゃうじゃとその表面についてその高貴な御御足を汚染してしまうような掃除のいきとどかない絶望的に不潔なご自宅またはよそ様のお宅でその家の主人や妻を非難糾弾し思う存分罵詈雑言を浴びせかければよいのであって、不特定多数が利用する通常の一般公共施設において強行に自分の考える衛生観念を主張し満足を得たいのなら、騒がず喚かず暴れず醜態をさらして周囲の不快感嫌悪感をことさらに煽ることのないよう常にこれみよがしに自前のスリッパを持ち運びしかるべく自己防衛に努めるべきだろうと思う。

なんにせよ、最近は一般社会コミュニティーの中での適切なというより常識レベルのコミュニケーション能力にも欠けたまま退職して暇になって趣味も才能もなくやることもないか、過去の権力やコネで強引に関連会社などに潜り込み社会共産イデオロギー労組メンタリティ全開で自分勝手な言動やなんの権限もない事柄にも難癖をつけまくり職場を混乱させ迷惑をかけまくる屑そのもののような団塊世代を中心に、公共施設、公共サービスというものに、自分勝手な異常な気違いじみた思い込みと基準を持って一方的なクレームをつけたがる輩が跳梁跋扈する姿が目に余るように思う。

ほんと、なんとかならんものか、といっても彼らにはカネと暇と醜悪な自己主張と権利主張のエネルギーがあり余っているくせに社会的人間的義務を果たしたり社会に貢献しようなどという意識などこれっぽっちもないわけで、なんとか社会的にこういう害毒害虫寄生虫、ヒトと言うのもはばかられるような輩を排除駆除するか、同種の輩ばかりを強制的に一所に収容して共食いさせて数を減らすことが出来ればよいのだが、と過激なことをまで考えてしまうのは、やっぱり身近にその手の輩の跋扈に悩まされているせいで最近ストレスがたまっているからなんだろうなあとあらためて気づかされたりした、だらだら駄文の作文でありました(苦笑)。

おしまい。

2012年11月 8日 (木)

ねんドル!?

以前、東京インターナショナルミニチュアショウ、でこりゃ何者だろう?と思った「ねんドル 岡田ひとみ さん」ですが……

Okada2008

元気に活動されておられるみたいですね。こちらにHPがありました。いま、ねんドル10周年!「ねんどでミニチュアワンダーランド」という個展を開催されているそうです。

鉄道模型とはあまり関係ないんですが、こういうのも結構好きですし(^^;;; ドールハウスやフィギュアにも応用できそうなので、HPを興味深く眺めてしまいました。この方、《タミヤデコレーションシリーズ》なんかにもかかわっているのかな?

2012年11月 7日 (水)

鉄道模型デジタルモデリング

この記事をみて通販で入手しました。

Kc4a0243

いくつか参考になることはありました、が……、あえて言わせていただくなら、書店でぱらぱらと眺める程度でいいのでは、ある程度パソコン使用の経験のある方なら特に、というところです。

それなりにきれいで見栄えのする誌面かなとは思うのですけれど、内容的にはいままでこのブログで紹介してきた各種の書籍や雑誌とくらべるとちょっと(苦笑)。ビギナーにとっては入り口として貴重な情報があるとも言えるのですが。

特に、今では手に入らないマイクロドライプリンターを使用した作例記事や、カッティングプロッタ、3Dモデラ、3Dプリンタ(これはナローガレージさんが記事を執筆されていて良くイメージをつかめますね)などの実際に工作したい人の参考としてはもうひとつ役に立たない紹介的内容の記事とか、本書のコンセプトらしきものを考えると少しく疑問を感じる記事が多くて困惑します。

というわけで、書店で一見するには適当かと思いますがおすすめとは……なのでamazonへのリンクは張りません(^^;;;

あと、「フォトショップ、イラストレータの基本操作、作図法についてわかりやすく解説。この1冊から初めてソフトを操作する方でも、実践で必要な技法だけを優先して覚えることができます。」と言う触れ込みはどうか思います。初期画面の解説と、あまり系統的でないツールの使い方が例示されている(あえてなのかどうなのかわかりませんがレイヤーを使わずペーストした元画像が動かないようにロックして同一レイヤー上でラインツールで輪郭を取ったりステッカーやデカールの原画を描画するなど)だけなので、まじめにソフトの使い方を勉強したいと思っている方(私含む)にはかえって害になるかもしれないようにも思いました。

もちろん金返せ!などとは申しません(笑)。自分で紹介記事を読んで納得して注文したんですから。

ただ、ひとつ勉強になったと思うのは出版社ウェブページに掲載されていたこの冊子の紹介記事のうまさですね。読み返してみて感心しきりでした。鶏頭狗肉ってひょっとしてこういうのをいうのかなあなんて、ちょっとうらみがましく思ったりもしましたが、実物を確かめずに買うと決断したのは自分なんですから文句を言える筋合いのものでもありません。勉強になりました、というのが今回の結論です(^^;;;
 
 
追記;

ちょっと辛めの感想になってしまいましたが、期待するものが大きかっただけに……(苦笑)

もちろん各種機材やテクニック紹介記事集としては良く出来ていると思います。ただ、特集ムックだからこそもう一歩踏み込んだテクニックへの期待があったのですが、これだけ広範囲に扱っていると、これで精一杯なのかもしれませんね。3Dプリンタの記事は紹介記事としても確かに参考になりましたし。

2012年11月 6日 (火)

Nスケール KATO 小海線 C56 入手しました

買ってしまいました。

昔から好きな形態の機関車だったので、これもナローの分類に入れてよいんじゃないか、と考えて手を出してしまいました。

何十年ぶりの日本型本線モノ蒸気機関車模型購入でしょう?大学生の時以来かな?うちにあるのはすでに不動状態のKATOの初期C11, C62, D51, あ、それからナローの下回り取り用にアリイの9600とE10があったかな、それくらいです。

詳細は豊沢保樹さんの「Nゲージ蒸気機関車」の記事にお任せするとして……よくできてますねえ。できすぎです。老眼ではディテールを楽しむことも出来ません。虫眼鏡必須です。

私の入手した個体はハンドレールがかなり曲がってましたが、ピンセットで修正してほぼOK。ただ、外れやすいので注意が必要ですね。あちこちのブログなどで指摘されている前輪と第一動輪のスプリングが強すぎて第二動輪が浮くという現象はほんのわずかで気にならないくらいでした。老眼のせいでわからんとか(苦笑)

さっそく、ふるーい段ボールをひっくり返して、客車と貨車を数両引っ張り出し、ミキスト編成にして並べてみました。なんかオハ31が大きく感じるのですが、これでスケールはあってるのかな?

Img_2016

こっちの編成の並びの方が自然かな、ということで写真を撮り直してみました。

Img_2023

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »