2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« Lego Crazy Action Contraptions | トップページ | コンテナ万年カレンダー »

2012年9月 8日 (土)

両面テープ粘着剤の絶縁性

色彩表示温度計シールド (arduino)の温度表示がおかしいので、よくよく調べてみたらチップの熱がセンサに影響している事がわかりました。

で、センサの位置を変えて、その上念のため熱がセンサ方向につたわらないようにとケント紙を基盤の裏に貼付けたのですが、どうもようすがおかしい……

センサの読みがやたら不安定になり、最初は接触のせいだとおもってピンヘッダの角度をいじったりいろいろ試していたのですが、ひょっとしてとおもってケント紙をはがしてみたら、あっさりなおってしまいました。

固定に使っていた両面テープの粘着剤が完全な絶縁体でなかったために、基盤裏の配線が短絡していたんですね。

そういえば、ブレッドボードも裏面に両面粘着テープが貼付けられていますが、あれは問題ないんでしょうか?ちょっと気になりました。

« Lego Crazy Action Contraptions | トップページ | コンテナ万年カレンダー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Lego Crazy Action Contraptions | トップページ | コンテナ万年カレンダー »