« トイトレインのパズル線路付きテーブル | トップページ | 鉄道模型楽しみ方の主流は?(駄文) »

2012年7月21日 (土)

バックマントラムのモータ洗浄

十数年前に京都の松本模型を訪れた際に、おばちゃんに言いくるめられて(笑)、記念として購入してそのまま死蔵していたバックマン製京都市電バージョンですが……ひさしぶりに箱から出して棚上自動往復運転線で楽しもうとしたら動かなくなっていました。

室内灯やヘッドライトは付くんですけど、びくともうごきません。これはモーターがいかれたのかなー、とちょっと分解してみたらモーターのコンミ周りがまっくろけの油でべとべと。このせいかな、と麺棒で拭って通電すると、弱々しくはありますが回り始めました。

Img_1106

しかし、それだけでは根本的な処置にはなりません。なんせ、モーター全体に油が回っている様子ですからこれをなんとかしないと。ということで、以前にキドマイティーを復活させたときの例にならってレールクリーナーにドボ付け洗いしようかと考えましたが、手元にはクリーナー液の買い置きがありません。ということで、そんならいっそ灯油で……やってみる事にしました。

結果は上々。ジャムの瓶に入れた灯油にモーターユニットを放り込んでがしゃがしゃ振り回すと、灯油がうっすら濁るくらい汚れが洗い出されたのにはおどろきました。安もんの油をモーター全体に回ってしまうくらいぶっかけているって、いったいどういうんでしょう?中国製の面目躍如ってとこなのかなあ。

Img_1107

通電すると元気に回るので、軸受けメタルにオイルをさして処置完了。元通りに組み立てて、棚上自動往復運転線に載せると元気に走り出してくれました。

ほんとはやる事いっぱいあって、今日はそのタイムリミット。こんな事やってる場合じゃないのはわかってるのですが、どうもやる気のきっかけがつかめなくて、とにかく手をうごかせばなんとかなりそうだといじってみたのですが、まあ効果はあったかな?などといいながら、やることをやらずに先にブログを書いているんですから、いやほんと、こまったものです。

さあ、これをアップしたら心を入れ替えて、やるべき事にとりかかるぞ!(かけ声だけに終わらないよう、がんばります)

« トイトレインのパズル線路付きテーブル | トップページ | 鉄道模型楽しみ方の主流は?(駄文) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トイトレインのパズル線路付きテーブル | トップページ | 鉄道模型楽しみ方の主流は?(駄文) »