2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« デザイン用マーカーが木部のウェザリングに使えます | トップページ | 里山工房の樹木キット »

2012年7月14日 (土)

デザインマーカーのケース

画材屋さんで、コピックというデザインマーカーのグレーを濃淡ひとそろい買い求めました。

本来はスケッチの練習用ですが、もちろん模型工作では木部のウェザリングにつかえます。アルコールで薄めた墨汁を使う代わりにこのマーカーでひと塗りすれば、手軽に風雨にさらされた木材の色合いがでるというわけ。ごさんこうまで。

しかし、これ、バラで買ったので保管がとても面倒です。あとからアマゾンでケース付きのセットが売られているのを発見して、しまったなあ、と思いましたが後の祭り。

仕方がないので、箱でもつくるか、と思って室内を物色したところ、百円ショップで買ったとおぼしきプラ製の小物入れを発見。マーカーを入れてみるとちょうど15本がうまい具合に収まります。安物の常として抜きテーパーが大きいのが残念なところですが、これがかえってマーカーを取り出しやすくしてくれているので結果オーライ。これを使うことにしました。

問題は持ち運びの際にふたがないので気軽に鞄にほうりこめないこと。と、ここでがぜんやる気発揮して、スケッチブックの表紙の厚紙を使ってふたを作成。ご覧の通りです。

Sn3v0178 Sn3v0179

ちょっと寸法を間違えて緩くなったのですが、内張を加えて調整したらかえって丈夫さもましてなかなか使い心地の良いものとなりました。

これなら、とっちらからずにマーカーを持ち運び、整理保管できそうです。

しかし、最近、模型工作ぜんぜんやってないなあ……こういうことでストレス解消してるのは、ちょっとなさけないですが、それでもせいいっぱいですし、ま、いいか、ということにします。

« デザイン用マーカーが木部のウェザリングに使えます | トップページ | 里山工房の樹木キット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デザイン用マーカーが木部のウェザリングに使えます | トップページ | 里山工房の樹木キット »