« ものをつくる人、模型工作をする人に最適な参考書? Making Things Move――動くモノを作るためのメカニズムと材料の基本 | トップページ | PATABOU »

2012年6月 2日 (土)

八海山棚上自動往復運転線開通!

転勤して仕事がしっちゃかめっちゃかで今までほったらかしになっていたのですが、やっとなんとか開通させました。

そんなわけで下の棚の上がとっちらかってるのはご容赦のほどを。

Img_0754 Img_0755

つり棚の方式は静岡でやってたのと同じです。

今回は、奥の方にルピシアの試飲カップを橋脚にした高架線を配置して、2列車同時運転ができるようにしてみました。

自作の自動往復運転回路は終端停止用のダイオード組み込みタイプなので、コードの引き回しがちょっと大変でしたが、組み立て線路のジョイナーを絶縁に交換するだけですから面倒な加工が無いのが利点です。

問題は機関車によって走行電圧に差があること。こればかりは仕方がないので、片方の路線のフィーダに可変抵抗を挟んで対応しました。

ということで、地元八海山の名前をもらって、棚上自動往復運転線開通。

自宅にいる間はずっと、機関車が棚の上で行ったり来たりしています。

« ものをつくる人、模型工作をする人に最適な参考書? Making Things Move――動くモノを作るためのメカニズムと材料の基本 | トップページ | PATABOU »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ものをつくる人、模型工作をする人に最適な参考書? Making Things Move――動くモノを作るためのメカニズムと材料の基本 | トップページ | PATABOU »