2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 銀座ソニービルのトーマスイベント見物してきました | トップページ | HOn30クラシックミニカー風レイルカー »

2012年5月 4日 (金)

レールヨット、ここまでできました

連休中になんとか、となんとかがんばってここまで出来ました。

タミヤの軍人さんを改造したフィギュアは、少し迷ったのですが安全の事が頭を離れず、ヘルメットはかぶせたままにしました(笑)。もちろん軍用に見えないように削り直していますが。フィギュアは、最初の作品と同じくマネキンを乗せたという設定にしてレッドブラウンの塗料で塗りつぶす予定です。

Pastedgraphic1

ロープは手持ちの帆船模型用の糸を使ったので、すこし細かったかなと思いますが、まあいいでしょう。帆には和紙を使ってみました。今回はガフ(帆の上側にある竿)に帆を針と糸で縫い付けるようにして取り付けました。鉄道模型工作で針仕事なんてなかなかないのではと思います。

作業をしながら、最初の作品の帆をつくったときは気に入った柄のハンカチを裁断し、父に頼んでミシンで縫ってもらったのを懐かしく思い出しました。その帆はいまでは父の形見になっています。

1
 
 
2012.5.13追記

まーくんさんから、「セイルカーの帆に萌えキャラを描いたら最高にマッチすると思うぜ」、というご意見を頂きました。

うーむ、それもいいかな(苦笑)

といってもさすがに今回のテイストのような作品にはちょっと場違いなセンスじゃないかなあと。

やるなら、もっとポップな今風のスタイルのセイルカーでないと、どこに出しても恥ずかしくない、もとい、恥ずかしい(笑)立派な萌えセイルカーにはならんでしょうし、基本的に真性萌えキャラ好きってわけでもないので、その路線ではもうひとつやる気でてこないのが実際のところです。

そういえば、痛車、痛チャリ、痛サーフボード、模型では萌え空母、萌え戦闘機、萌え貨車(コンテナ?)なんてのはザラに見ますが、痛(萌え)ヨットってのはみないですねえ。あれだけ大きなキャンバスがあるんだから、うってつけだと思うのにどうしてなんでしょう?

ウインドサーファーなんかがやってそうな気がするんですが。

あ、ちなみに、インドネシアなどでは、丈夫な合成繊維のキャンバス生地にコカコーラとか化粧品とかの派手な広告が印刷された垂れ幕?を漁船の帆に利用したものが実際にあって、それはそれはシュールでポップな眺めであったのを思い出しました(^^;;;


« 銀座ソニービルのトーマスイベント見物してきました | トップページ | HOn30クラシックミニカー風レイルカー »

コメント

その作品を見て「萌えキャラ書けばよい 」と言ったわけではなく、自分の作品に死体を吊るせだとか萌えキャラシーツでも下げればなどと言われたことについて、貴殿の作品のほうがよりお似合いということで返答しただけですので誤解なきようお願い申し上げます

まーくんさん

あら?私はセイルカーの帆に萌えキャラの組み合わせってのに気がつかなかったので、なるほどそれはなかなかいけるアイデアだと感心したのですが?

で、すでに制作した作品ではテイストが違いすぎるからそのアイデアをうまく表現しきれないので、うまくまとめるにはどうすれば良いかということを考えて楽しませてもらいました。

まあ、追記に書いたように、いまのところは実際につくるところまでの気持ちはありませんが。だれか挑戦される方がおられましたらぜひ!どんな風なまとめ方をされるのか、興味津々です。って、私以外にだれもいないか、そんなものをつくるひと。

まーくんさんの作品についても、鉄棒をさせるアイデアを見て、その発展系としてどんなアイデアがあるだろうかという真剣な思考発想訓練のつもりだったんですが?

コールタールを塗られて吊るされた海賊の死体(ガイコツ?)というのはパイレーツオブカリビアンにでてくるシーンみたいでとてもかっこいいし、萌えキャラは今や文化の一つですが、こんなのでは発想が貧困すぎる、もっと斬新なアイデアは無いのか、新しい発想はできないのか、といわれるんじゃなかろうかと心配していました。

実際、いま、こうやって客観的に見かえしてみると、あまりにも当たり前すぎる陳腐なアイデアで自分の発想能力、才能の無さに恥じ入っているくらいですので、誤解ありませんよう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座ソニービルのトーマスイベント見物してきました | トップページ | HOn30クラシックミニカー風レイルカー »