« ナベトロ台車も加工し始めました | トップページ | 「軽便鉄道」市制施行40年記念冊子 (静岡鉄道駿遠線資料) »

2012年2月26日 (日)

Mini Trains コッペルセット

ナローガレージさんから、Mini Trains コッペルセットが届きました。

ストレート煙突タイプです。エガーバーンの2号機ほとんどそのままですね。これが欲しかったのですよね。

Img_0439 Img_0435

で、ただいま慣し運転中。良く走ります。特にスローが効くのには驚きました。ロッド連動の様ですが精度が良いのでしょうね。

こういうかわいい車両がエンドレスをくるくる回っているのを眺めていると癒されます。

実を言うとエガー5号機が好きなので、同じ下回りを使って製品化されないかなあと期待しています。

ただ、アメリカの会社ですから、ひょっとしたら、カウキャッチャ付きのウエスタンスタイルテンダー機と客車のセットになってしまうかもしれません。そうなると困るなあ。

ところで、輸送用の箱の中に入っていた梱包材が、いつも食べているマシュマロそっくりなのに気づいて、ちょっといたずらっ気を起こしました。下の写真、さて、どちらが本物のマシュマロでしょう?

Img_0447
 
 
追記:

このトレインセット、一つだけ不満が。

エガーバーンと同じループ&フックカプラーを採用しているのはいいのですが、このループの形状が良くなくて連結動作不良がみられること。甚だしくはループ取り付け部が容易に脱落したりします。

プライヤで直そうとしても、ピアノ線を使っているらしく、曲げ直すのが一苦労。そのまえに下回りを取り外すという手間もありますし。満足のいく状態にするには手がかかります。

というわけで、こういうところがやすっぽいというかおもちゃっぽいんですよねえ。まあ、こういう大量生産の趣味のための製品に、そこまでの品質管理を求める方が無理難題を吹っかけているんだ、という意見もあるかとは思いますが。

それはそうと、みそ汁軽便に対してエガーバーンはなんというんでしょうか?ジャガイモ軽便?ザワークラウト軽便?フランスならvoie etroite du pot‐au‐feu (ポトフ軽便)で決まりだと思うんだけどなあ。


« ナベトロ台車も加工し始めました | トップページ | 「軽便鉄道」市制施行40年記念冊子 (静岡鉄道駿遠線資料) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベトロ台車も加工し始めました | トップページ | 「軽便鉄道」市制施行40年記念冊子 (静岡鉄道駿遠線資料) »