2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 1/88ウニモグを貨車に載せてみました | トップページ | 床板を貼ってマストを立てました »

2012年1月26日 (木)

レールクリーナ液&発煙用オイル代替品、昭和シェル「ヒートクリーン」

レールクリーナー液は、リグロインやGooGoneをローラー式のクリーニングカーとともに利用されている方もおられるでしょうが、ふつうはKATOやTOMIXのを使われている方がほとんどと思います。わたしもそうです。

たくさん使うわけじゃないから、そんなに懐が痛むわけではないんですが、そこはそれ、貧乏性モデラーとしては、少しでも安くて効果のある代替品を探すのが習い性になってます。

リグロインは入手にちょっと手間がかかりますが、価格的には圧倒的に安いので、心おきなくふんだんに使えるということで、愛用されている方が多いのだと思います。

そもそもレールクリーナー液としてリグロインが使われるのは、灯油と似た性質ですが臭いが少ないからと聞いています。そして、LGBのレールクリーニングオイルは発煙用オイルと共用なのですが、これの組成がほぼリグロインだと聞いたことがあります(実際の組成はよくわかりません)。

そこで灯油です。灯油は昔から自作発煙装置の発煙用オイルとして使われているのですが、その臭いが嫌われて、既製品の発煙装置では高価な純正品専用オイルを使っている方がほとんどでしょう。良い香りを放つものもあるようですし。でも、頻繁に走らせて遊んでいると、その使用量はばかになりません。

で、昭和シェル「ヒートクリーン」の出番です(^^;;;

いわく、「天然ガスを原料とする液体燃料GTLをベースにしたファンヒータ専用の灯油。石油製品である一般灯油と比べ硫黄分は10分の1以下と環境性能に優れている。また、石油系燃料特有のにおいがなく、手についてもベトつきが少ないなど、灯油が敬遠される要素を軽減している。燃焼性は石油系より1・5倍以上と高い。品質安定性に優れ劣化しにくいなどの特徴も持つ」のだそうで、これって、ほぼLGBのクリーニング&スモークオイルに近いんじゃ無かろうか、という気がします。

ということは、これ、試してみる価値は大いにありそうですね。残念ながら我が家ではファンヒータを使用していないので入手の機会がありませんが、どなたかぜひお試しになってレポートくだされば、と切に希望する次第です。

« 1/88ウニモグを貨車に載せてみました | トップページ | 床板を貼ってマストを立てました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/88ウニモグを貨車に載せてみました | トップページ | 床板を貼ってマストを立てました »