« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

KitKat新幹線

駅の土産物コーナーに行ったら、こんな看板が目に留まりました。なんか妙にレトロな雰囲気です。

Sa3a0341

これ、キットカットなんですよね、中身は。

パッケージの工夫だけで売ろうとする根性がすばらしいと思います。しかも、伸びる!連結できる!とな……なんか表現がいやらしいぞ(^^;;;

お店に入って実物を探したら、なんか目につかない場所にこんなふうに積まれておりました。

Sa3a0342

それにしても、ちょっと箱がでかすぎるような気がします。売れてるんだろうか?

2012年1月29日 (日)

1/35兵士からドラフト

とにもかくにも精神安定のために、ほんの軽工作として、セイルカー用の人形を1/35プラキットの兵士からドラフトすることにしました。

手が痛くてヤスリもカッターナイフもうまく使えないので、できるだけ加工部分を少なくして、頭もヘルメットの縁をニッパーで切り飛ばして民生用風にするだけの安易な加工です。

Img_0334


それでも、なんとかポーズを変えて、適当なスタイルには収まりそうです。へたくそに削り飛ばしたデイテールは、かつてのレールヨットと同じくマネキンを乗せているという設定で一色に塗りつぶす予定なので気にしないことにします。

むりやりポーズを変更したところは大きな隙間が出来てしまったのでパテ盛りが必要になりました。腕は全体のポーズが決まってからということにしたいと思っています。


2012年1月28日 (土)

床板を貼ってマストを立てました

拇指CM関節症はいっこうによくなりません。ちょっとした作業をするにも痛みがひどくて悲しい限りです。それでも何かつくっていないと精神が安定しないので、ちょっとだけ、と痛みをこらえつつセイルカーの工作に手を付けました。

切手のイメージでつくるにはHORNBYの貨車の下回りはかなりごついのですが、そこは目をつぶって、例に寄ってフリーランスとして制作することにします。

まずは上回りを取り外し、カプラー取り付け台座などを切り飛ばして、プランク材で床板を貼り、フラットカーをつくります。

で、マストは竹串から。高速のサービスエリアで買った3本580円の磯辺焼きの串です。材料費としてはかなり高価につきましたが、太さがぴったりでしたのでまあいいかと……。基部の木組みをちょこちょこと細工して、なんとかマストを立てるところまでは出来ました。

塗装は墨汁をアルコールやアクリル塗料の溶剤で溶いたものを使うのが定石ですが、今回は簡便にデザイン用のマーカーをつかいました。自分の好みでウオームグレイのセットを使っていますが、クールグレイなどの色の方がもっと陽にさらされて退色した感じの色合いになると思います。

Img_0333

ここまでで精一杯の工作です。案の定、力をかけたためにてきめんに関節症の症状が悪化……orz ものをつまむこともつらいしキーボードを打つにも痛みが走るような状態に……いったいどうしたらいいんでしょう……このまま軽快せずに痛みがひどくなっていくばかりだと、と思うと気分がどんどん落ち込んでしまいそうです。

2012年1月26日 (木)

レールクリーナ液&発煙用オイル代替品、昭和シェル「ヒートクリーン」

レールクリーナー液は、リグロインやGooGoneをローラー式のクリーニングカーとともに利用されている方もおられるでしょうが、ふつうはKATOやTOMIXのを使われている方がほとんどと思います。わたしもそうです。

たくさん使うわけじゃないから、そんなに懐が痛むわけではないんですが、そこはそれ、貧乏性モデラーとしては、少しでも安くて効果のある代替品を探すのが習い性になってます。

リグロインは入手にちょっと手間がかかりますが、価格的には圧倒的に安いので、心おきなくふんだんに使えるということで、愛用されている方が多いのだと思います。

そもそもレールクリーナー液としてリグロインが使われるのは、灯油と似た性質ですが臭いが少ないからと聞いています。そして、LGBのレールクリーニングオイルは発煙用オイルと共用なのですが、これの組成がほぼリグロインだと聞いたことがあります(実際の組成はよくわかりません)。

そこで灯油です。灯油は昔から自作発煙装置の発煙用オイルとして使われているのですが、その臭いが嫌われて、既製品の発煙装置では高価な純正品専用オイルを使っている方がほとんどでしょう。良い香りを放つものもあるようですし。でも、頻繁に走らせて遊んでいると、その使用量はばかになりません。

で、昭和シェル「ヒートクリーン」の出番です(^^;;;

いわく、「天然ガスを原料とする液体燃料GTLをベースにしたファンヒータ専用の灯油。石油製品である一般灯油と比べ硫黄分は10分の1以下と環境性能に優れている。また、石油系燃料特有のにおいがなく、手についてもベトつきが少ないなど、灯油が敬遠される要素を軽減している。燃焼性は石油系より1・5倍以上と高い。品質安定性に優れ劣化しにくいなどの特徴も持つ」のだそうで、これって、ほぼLGBのクリーニング&スモークオイルに近いんじゃ無かろうか、という気がします。

ということは、これ、試してみる価値は大いにありそうですね。残念ながら我が家ではファンヒータを使用していないので入手の機会がありませんが、どなたかぜひお試しになってレポートくだされば、と切に希望する次第です。

2012年1月15日 (日)

1/88ウニモグを貨車に載せてみました

縮尺が1/88というので買ってみたトミカのウニモグです。

4909044721

amazonででてたので、注文したらなんといつものA4ケースサイズの段ボール箱がとどき、中にぽつんとトミカの箱が入っておりました。

300円そこそこの品にこの包装で宅配便って、アマゾンさん採算が成り立つんでしょうか?

それはともかくとして、さっそくHOスケールのステイク付きフラットカーに乗せてみました。

Img_0329

ウニモグって、すごい大柄なんですね。ぎりぎりに収まりました。普通乗用車なら二台は載るんでしょうけど。

まあ、なかなかかっこいいということで、積み荷としては上出来なのではないかと思います。

そのうち、こいつも鉄道車輪に履き替えさせてレールカーにするつもりです。

2012年1月14日 (土)

鉱山トロッコ列車のアスキーアート

拇指CM関節症の痛みがひどくてちょっとした工作さえ出来ず、とても悲しくて鬱々というかほとんど情緒不安定。ネットで同じ趣味の方々のページを覗いてかろうじて正気を保っているような状況に陥りつつあります(苦笑)

で、凸凹(でこぼこ)という文字を見て思いつき、アスキーアートで遊んでみました。

なんとか凸電が牽く鉱山トロッコ列車のように見えますでしょうか?

Image01_2


2012年1月 7日 (土)

ターンテーブル

ターンテーブルと言っても転車台のことではありません。ディスプレイ用の飾り台です。ネットで見つけて注文してみました。

Img_0308

丸形のちょっと大きめのもの角形のコンパクトなものです。単3電池一本で3ヶ月ノンストップで動くそうです。棚の上に小型車両を飾っておくにはいいかな、と思います。白い色のほかに、銀色や黒い色のもあるみたいです。

小さな方は、100円ショップのプラケースにぴったりでした。

Img_0309

さて、問題は、なにを飾ろうか?なんて、本末転倒も甚だしいていたらくで、今年の正月はすぎてしまいました。
この連休こそは、何か工作したいとおもいはするのですが……

2012年1月 1日 (日)

杉山バーチカルボイラーロコ走らせてみました

さて、今年最初の模型いじりは、杉山バーチカルボイラーロコ試運転でした。

私が杉山模型さんにお願いして手に入れたのは未塗装完成品バージョン。カプラーを付属のピンリンク式に取り替えて、さっそくナベトロを牽かせてみました。逆光でのシーンが魅力的です。

線路は篠原のR150とR200を適当に組み合わせてS字カーブを組み込んだエンドレスのまにあわせ「こたつトップレイアウト」です。

良く走ります。さすが杉山模型の製品です。スタイルもとても好みだし。ほんとはこの休み中に塗装したいのですが、利き手の状態がこれでは作業は無理……いまはこうやって走らせて眺めるだけで満足することにします。

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします。

Img_026

ことしこそは、なにかつくりたい、とおもうのですが、拇指CM関節炎が……

新年早々ちょっと情けない痛みです (-_- ; ; ;

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »