2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« インドアライブスチーム運転会を見てきました | トップページ | 卓上クリーナー »

2011年8月 6日 (土)

天竜二俣駅のターンテーブル

テレビなどでときどき紹介されているらしいと聞いていた(単身赴任先にはテレビはありません)ので、現場出張で通りかかったおりに立ち寄ってみました。

住宅地の端っこから機関庫がよく見えるところがあるのですが、そこはしっかり「立ち入り禁止」の看板が。不埒な撮り鉄に悩まされているのかも知れません。しかたがないので、ちょっと外してその脇から写真を撮りました。

Img_3151

このターンテーブルと機関庫、現役なんですね。折りしも出庫した電車がターンテーブルから下りるところに出くわしました。写真はその直後に撮影したものです。

よく見ると、なにやら一般人らしき中高年の団体がいます。見学ツアーなどがあるのかもしれません。

本音をいうと、あまり興味はなかったのですが、小柄な扇形機関庫とターンテーブルに電車の組み合わせはちょっと好ましい風景かな、と感じました。

下は線路脇の駐車場で見つけたフェイクワーゲンバス。まえにも静岡市内で見かけたことがあったのですが、日本製軽自動車の改造ですね。こういうのってパテント問題はどうなっているのでしょう?

Img_3148

最後に、おまけの写真。なかなか趣のある汚水マンホール蓋です。

Img_3149_2

追記

電車じゃなくてディーゼルカーなのかな?でないと架線のないターンテーブルに乗せて扇形車庫に入れませんものね。

ま、どっちでもいいです。嫁さんにいわせると、とにかくレールの上を走るものは、みーんなまとめて「でんしゃ」ですから(^^;;;

« インドアライブスチーム運転会を見てきました | トップページ | 卓上クリーナー »

コメント

仕事は二俣よりももっと奥まではいるのでしょうね
遠江二俣のころは扇型の機関庫はもう少し大きかったと記憶しています。近くの森町に親戚がいたので、ここはよく通いました。

オノデラさん
水窪、龍山へは必ずここを通るのですが、いままで立ち寄ったことがありませんでした。森町、春野へは掛川からの道をとおります。
静岡は広くて現場に行くまでも大変です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インドアライブスチーム運転会を見てきました | トップページ | 卓上クリーナー »