2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

ジャイロゴマ買ってしまいました

Img_0005

タイガー商会の地球ゴマです。

もう生産中止になったと聞いていたのですが、ネットでまだ売られているのを発見して、思わず全ラインナップをオーダーしてしまいました。


地球ゴマAタイプ
地球ゴマBタイプ
地球ゴマCタイプ
地球ゴマDタイプ
地球ゴマEタイプ

なんに使うってあてもないのに、これじゃただの無節操ながらくた集めです……(反省)

まあ、JAMで一輪車のモノレールを見たのがきっかけになってたのかもしれません。しかしこれって、モーターでまわして自立させることが出来るんだろうか?

わたしのことですから、この地球ゴマを眺めながら、ああでもないこうでもない、と実際には手を動かさずにいろいろ想像しては材料を買い集め、結局手を付けないで罪庫をふやし、罪霊にしちまうのが落ちのようなきがします、ああ……(^^;;;

2011年8月27日 (土)

Nゲージカント付きレール立体交差セット

嫁さんから、「ジョーシンからなんかダンボール箱が届いたよ」と電話が入りました。

え?なんか注文したっけ?

おそるおそる頼んで開けてもらったら、なんと、Nゲージカント付きレール立体交差セット、とのこと……

Img_0001

それって、半年ほど前に、オーダーしたようなしなかったような……おまけに送付先を間違えて入力してたんですね。こっちに届いてたらせめてばれずに済んだのに、といっても後の祭り……あ、そうか、どうせカードの支払いでばれるんだから同じことか=^・^=

そういや去年の今頃もたしかNゲージカント付きレール基本セットを買って一度もひろげることもせず、そのまま塩漬け罪庫にしてたはず……あきれるばかりの懲りない性格です……

いったいどうする気なんですかねえ、われながら……

2011年8月23日 (火)

JAM 国際鉄道模型コンベンション

今回は全くの観客として参加しNGJのブースにお邪魔してきたので、なんか肩身が狭かったです。杉山さんとこでもダージリンは予算が足らず、車輪を二組買っただけだし。アルモデルでも車輪を一組買いました。今回はそれで買い物はおしまい(^^;;;

まあ、家族が森博嗣氏を一目見物したいというので、トークショーに連れてったというのが最大の目的だったりして……

会場は例年に増してにぎやかでした。Nゲージ関係はとてもよく出来た展示も多かったし、なんか、学生のグループの展示が目立ちました。将来が楽しみ?ナローとかにも参入してほしい =^・^=

以下に眼に留まったものをならべます。まともな注目すべき作品は他の方々が紹介されていますので、あくまでも自分の興味を引いたものだけということで。

森さんのジャイロモノレール最終バージョンだそうです。説明しながら走らせてみせてくれました。すごいです。とてもまねできません。

Img_1218

これは、たむちんさんのHOスケール4輪駆動不整地走破ラジコンミニカーです。いやほんと、あきれかえってながめてました =^・^=

Img_1237

これはNゲージのレイアウトですが、水の表現がすばらしくて、しばらく眺めていました。

Img_1240

おなじフリーランスデフォルメ車両をいろんなスケールでつくっています。こういうのもおもしろい。

Pap_0069

こういう小さくまとめられた鉄道鉄道しないパイクは好みです =^・^=

Img_0009 Img_0025

会場のあちこちでは、つかれたお母さんが(^^;;;

Sa3a0915 Img_0055

そとではこういう1/1トロッコもありました。こういうのやりたかったですよね。

Img_0085

新製品として興味を引いたのは、杉山さんのダージリンのほかには、アルモデルのOnロコとワールド工芸だったかな?の静岡鉄道駿遠線の機関車でした。やっぱり静岡に住んでるせいか、気になります。

Img_0071 Img_0079

2011年8月17日 (水)

D51 243保存車両

現場に行く途中のスポーツ公園の一角に保存されていました。

仕事が終わって帰路立ち寄って撮影。キャブ内装もかなりしっかり残っていました。間近に見るのは初めてなので、けっこう興味深かったです。なにぶん屋根はあるものの野ざらしの状態ですので、荒らされなければいいのですが……

Img_3337

Img_3325

Img_3323


2011年8月13日 (土)

ちょっと撮影

せっかくの休みだというのに、朝から全くやる気が起こらんので、しかたなく手持ちのストラクチャを引っ張りだして、運転盤にならべてちょっと撮影。

Img_1195

リアリスティックなシーナリィよりこういうのがいいななんて、気力が落ち込んでるせいですかね。

あ、人形配置するの忘れた。ま、いいか、めんどくさいし。

てことで、今日の模型(工作?)活動は、これにて終了。

来週はJAMなんですよねー。なーんにも新しい模型が完成していないし、この運転盤くらいは持ってお邪魔しようかな……


2011年8月 8日 (月)

大人の超合金 新幹線0系

だそうです。

もうなんにもいいません(^^;;;

ここ見てください。公式ページらしいです。

トップの画像だけ貼り付けときます。

見事な昭和ノスタルジーテイストです……

Header


アマゾンにも、もう予約が出てる見たいです。

ジオラマ仕立てにして飾ることを前提とした企画なんか、それなりに感心します。

日本食堂の車内販売も付属してるし、こういうの好きな人にはたまらないんだろうなあ、なんて感じます。

しかし……売れるんだろうか?

売れるんでしょうねえ……

YS11なんかと同じく、新幹線0系は好きなデザインなんですけど、こうも昭和ノスタルジー、三丁目の夕日テイストでやられると、ちょっと……

でもまあ、なんか、毒気を抜かれてしまったような気分です(^^;;;

2011年8月 7日 (日)

卓上クリーナー

なんか、出来損ないのハンドガンみたいに見えますが、SANWA SUPPLY CD-82VC バキュームクリーナーです。

Img_1192

工作後の掃除に使えないかと思って買ってみたのですが……吸引力足りません。真鍮の削りくずや電子工作の鈴メッキ線切れ端や半田くずを吸うにはちょっと厳しい感じです。乾電池4本の駆動ですからねえ。しかたないかも。

やっぱり100V電源か協力な充電式の一般用小型の掃除機にアタッチメントキットをつけるというのが正解かもしれません。

それでも、このバキュームクリーナー、とりあえず消しゴムの滓くらいは充分に吸いますのでそれは助かります。いままでは刷毛で床に落としてそれをコード付きの掃除機で吸い取っていたのでとってもめんどうでしたから。

つまりは用途は限定されるけれど、もともとそういうコンセプトでつくられたものだ、ということなのでしょう。それに過剰な期待をしてはいかんと。いうことですね。


2011年8月 6日 (土)

天竜二俣駅のターンテーブル

テレビなどでときどき紹介されているらしいと聞いていた(単身赴任先にはテレビはありません)ので、現場出張で通りかかったおりに立ち寄ってみました。

住宅地の端っこから機関庫がよく見えるところがあるのですが、そこはしっかり「立ち入り禁止」の看板が。不埒な撮り鉄に悩まされているのかも知れません。しかたがないので、ちょっと外してその脇から写真を撮りました。

Img_3151

このターンテーブルと機関庫、現役なんですね。折りしも出庫した電車がターンテーブルから下りるところに出くわしました。写真はその直後に撮影したものです。

よく見ると、なにやら一般人らしき中高年の団体がいます。見学ツアーなどがあるのかもしれません。

本音をいうと、あまり興味はなかったのですが、小柄な扇形機関庫とターンテーブルに電車の組み合わせはちょっと好ましい風景かな、と感じました。

下は線路脇の駐車場で見つけたフェイクワーゲンバス。まえにも静岡市内で見かけたことがあったのですが、日本製軽自動車の改造ですね。こういうのってパテント問題はどうなっているのでしょう?

Img_3148

最後に、おまけの写真。なかなか趣のある汚水マンホール蓋です。

Img_3149_2

追記

電車じゃなくてディーゼルカーなのかな?でないと架線のないターンテーブルに乗せて扇形車庫に入れませんものね。

ま、どっちでもいいです。嫁さんにいわせると、とにかくレールの上を走るものは、みーんなまとめて「でんしゃ」ですから(^^;;;

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »