2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」コントロールパネル »

2011年7月 2日 (土)

ウチの万力

一応ボーレー型、だと思うんですが……

Img_0042 Img_0041

見慣れた形態とは違いますし、台座が回転式になっています。

これ、先日K*n*o氏が粗悪ドラゴンツールとして紹介していた製品とそっくりなんですけど、アリミゾの精度も締め付けボルトもしっかりしているし、私には全く問題なくつかえています。

口金の滑り止め刻みがworkを傷つけてしまうので、アルミ板を貼付けています。これだけはなんとかしたいですが、まあ私のようなレベルの工作ではいまのところ問題ありませんし、しばらくはこのままでいくかと横着を決め込んでいます。

しかし、この万力、どこを見てもメーカーの名前がないのですが、いったいどこの製品なんでしょう?

15、6年前に7、8千円で手に入れたものだと記憶しています……

« 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」コントロールパネル »

コメント

すみません、いろいろ書きましたがこれは立派な万力で、コンの言うドラゴンツールではありません。もしかして、これがパクられたオリジナルの良品のような気がします。これは立派なものです。色がそっくりですし、回転式なので、紛らわしいですね。粗悪品の値段は1600円です。これはそういう粗悪なものではありませんのでご安心ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」コントロールパネル »