2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« AFVモデルのテクニックは参考になります | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 »

2011年6月25日 (土)

Inkscape

MacBookProに乗り換えたら、PPCで動いていたAppleWorksが動かなくなり、ドローソフトが使えなくなってしまいました。

ちょっとした図表や、模型では簡単な設計図などに使っていたので、こまったことになったなあ、といろいろ探してみましたが、本格的なドローソフトやCADは高価なこと……

とてもてがとどきませんし、それ以前に、そんなに複雑なことをする気も立派なデザインをする気もないので、なんとかフリーで使えそうなものはないかと探していたら……ありました。

Inkscapeというソフト、フリーで提供されているにもかかわらず、かのillutratorに匹敵する機能をもっているとか。

で、さっそくダウンロードしてみました。これ、unixベースなんで、MacのX11上で動くということでちょっとややこしいですが、なんとかなりました。ただ、なぜかチュートリアルに解説されている機能がすべて完全に動かないでんですよねえ。困ったものですが、まあフリーですから。

それに、チュートリアルに、Inkscapeはまだ不安定だから、できる限り頻繁にセーブしてね、って書いてあるのが、なんとなく昔のMacを彷彿とさせて微笑ましかったです。仕事に使ってるひとは冗談ごとじゃないのでしょうが。

しかし、その機能の豊富なこと。さすがillustrator killerといわれるだけのことはあるようです。

それにまた、チュートリアルが良くできているので、これだけでもずいぶん楽しめますが、これらの機能を自由につかいこなす必要性も、その能力もないので、猫に小判、豚に真珠ということばを痛感して落ち込みそうになります(^^;;;

というわけで、なんとなく基本的な使い方がわかったところで、試しに、制作計画中のミニ運転版「蕗狩軽便静岡線」のコントロールパネルを描いてみました。

やたら機能が豊富なので戸惑いますが、あきらかにAppleWorksなんかの簡易ドローソフトに比べて扱いやすいことがわかりました。これをPDFに落として知人のカラープリンタでちゃんと縮尺通りに印刷できるか、それが問題です =^・^=

20110618_204919

« AFVモデルのテクニックは参考になります | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AFVモデルのテクニックは参考になります | トップページ | 運転盤「蕗狩軽便静岡線」 »