2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 腸閉塞入院&クリップ電車 | トップページ | 車両収納箱の自作 »

2011年5月29日 (日)

ウチのHO組み立てレイアウト

たまには走らせたいので、いちおうHO用の組み立て線路お座敷レイアウト?も持ってます。

といっても、カーブはヨーロッパ標準の356Rと420R。フライシュマンのプロフィトラックで構成した急カーブのレイアウトです。日本型本線もの(持ってないけど)は入線不可です。でも、これでもヨーロッパ型やアメリカ型小編成なら、問題なく楽しめます。

プランはごらんのとおり。トミックスのレイアウターを使って、プランを再現してみました。内回り線には髭を生やしてアングルヌークタイプのシャンティングパズルを楽しめるようにし、外回り線はカーブポイントで有効長を大きく取った側線を設けています。

Image01

もちろん、必要に応じてエンドレスに直線を挟み込み、総延長を延ばして長編成にも対応します。

というわけで、それなりに使いでのあるレイアウトではと思うのですが、実を言うとまだ一度もこの形に組んだことがありません。だって、めんどくさいんですもん(^^;;;

この記事を書きながら、ただの楕円トラックで、車両をとっかえひっかえしているだけでも十分満足してしまう自分のいい加減さに気づいて、少々あきれ気味です。

« 腸閉塞入院&クリップ電車 | トップページ | 車両収納箱の自作 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 腸閉塞入院&クリップ電車 | トップページ | 車両収納箱の自作 »