2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« チョコレート中箱のイラスト | トップページ | SNCF 140C 軸動ポンプギヤ?修理 »

2011年2月12日 (土)

太平洋の小島のパイクなど?

「奇界遺産」という本に紹介されていた、ジープ島というミクロネシアにある珊瑚礁の孤島。周囲300メートルほどの、ヤシの木が生える小島に小屋が一軒建っているだけ。ほかにはなんにもない。なんと日本人のオーナー?が、たったひとりでここに住んでいるんだそうな。

O0500037910923508473 O0370024710923518834 O0370024710923518836

この写真を見て、おもわず、この島に線路を敷きたくなった。究極の自家用トロッコ線だなあ(^^;;;

砂浜は半分珊瑚を積み上げて路盤をつくり、半分はティンバートレッスルにして、桟橋もつくってそこに線路をのばして。島の反対側には石垣を組んだその上に線路を走らせられる。車両は手押しトロッコに船外機利用の怪しげな機関車など……

On30くらいでパイクにしたら、おもしろいんじゃなかろうか?

鈍い頭痛で何にもやる気がおこらん休日は、こんなことをぼんやり考えてすごすに限ります =^・^=

« チョコレート中箱のイラスト | トップページ | SNCF 140C 軸動ポンプギヤ?修理 »

コメント

はじめまして。
うめまちと申します。
どうかよろしくおねがいいたします。

南の島を舞台とするパイクに反応してしまいました。実は私もOn30の南の島パイクを計画中でして…。

小さな島に桟橋一つ。
島と本土とを結ぶ手段は複葉の水上機で。
航空燃料で動く機関車にトロッコ。

腕も時間もないのに、気持ちだけが大きくなっています。

うめまちさん、

惹かれますよね。島のトロッコパイクって。その存在意義が全然ないところに、また、すごく魅力を感じたりして。

複葉水上機で本土と連絡となるといよいよ意味のない軌道になるという設定が嬉しいですね(^^;;;

作品が出来たらぜひネットに公開して下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チョコレート中箱のイラスト | トップページ | SNCF 140C 軸動ポンプギヤ?修理 »