2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ModelGraphix 2011年1月号【永久保存版 巻頭特集】知らないと損をする工具選び | トップページ | Bトレ箱根登山電車バンダイ動力ユニット組み込み »

2010年12月11日 (土)

科学特別捜査隊「ビートル」プラモ

懐かしの「大人のプラモランド」シリーズ第2弾!です。

Sa3a0406

ウルトラマン特別科学捜査隊のビートルです。

ゼンマイ動力付きで疾走!するそうです。

第一弾はたしかサンダーバード2号でしたっけ?

なんか、すごく間が開いているようなんですけど、リクエストがあつまらなかったのかな?

調べてみたら、サンダーバードはNo.0で、正式な第一弾はリモコン・ジェットモグラでした。

こないだの「はやぶさ」ブームにあやかって、第3弾として、小惑星探査機はやぶさ(夜光バージョン)が速攻で出てますね。商魂たくましい!!!(^^;;;

こういうの、買うのはやっぱり団塊世代なんでしょうねえ……

個人的には、東映特撮史上発というか本邦初の合体戦闘マシン「キャプテン・ウルトラ」のシュピーゲル号のほうが欲しいんですが(^^;;;

かまぼこみたいなデザインの宇宙戦闘機もめずらしくてかっこよかったし、3つの機体に自由自在に分割合体し、連係プレーで戦闘するシーンなんて、いまでもなかなか無いのでは???しかも特撮実写ですよ、奥さん!(^^;;; バンデル星人もかっこよかったし(^^;;;

じっさい、子供の頃、かまぼこ板削って、二つに切って2号機と3号機にして、爪楊枝でつないで、真ん中にあなあけて、割り箸貼り合わせて作った1号機を組み込んで、お風呂に浮かべて分割合体させながら遊んだりしたことを、突然思い出して懐かしい気持ちにひたっていたりしています(^^;;;

« ModelGraphix 2011年1月号【永久保存版 巻頭特集】知らないと損をする工具選び | トップページ | Bトレ箱根登山電車バンダイ動力ユニット組み込み »

コメント

ウルトラマン特別科学捜査隊のビートル、
私も買おうかなーって今も悩んでいます(笑)。
キャプテンウルトラも懐かしいですね。
「月も火星もはるかにこえてー
宇宙に飛び出すシュピーゲル
シュピーゲル、シュピーゲル、シュピーゲル
スリー、ツー、ワン、ゼロ
それゆけキャプテンウルトラー」
ってよく歌っていました(笑)。

どてかぼちゃさん

こんばんは、
よくキャプテンウルトラの主題曲覚えてられましたねえ。
私はすっかり記憶の彼方。シュピーゲル号の造形とクルーメンバーのハックというロボットばかりが印象に残っていて、主人公のキャプテンウルトラその人自体も記憶のかけらも残っておりません。
その当時から、機械ものに興味が偏っていた様です =^・^= 


この辺まで団塊世代にしちゃったら、40代から上が全部入っちゃいますよ(^^; むしろ1960年前後に生まれた世代がターゲット、というかこういう企画を推める立場になっているのですね。

洞爺鉄道さん、

そうですかあ???
団塊世代を良く知っている1960年前後に生まれた世代が企画を推める立場になって団塊世代をターゲットにしているのではと。

いやだから、ウルトラとかサンダーバードとかって団塊向けじゃありませんって。

なるほど、良く思い出してみれば、サンダーバードもウルトラマンシリーズも、たしかに現在50代の団塊の後始末世代が小学校時代に触れた作品ですね。
団塊世代には時代的に一致しなかった、というわりには有名すぎるし商業的にもすごく成功していて一種の社会的現象まで発展しているのが不思議ですが、どういうことなのでしょう?

やっぱり団塊のヒーローって、月光仮面とか、その辺なのかな?
試しに検索したら、団塊世代のアイドル・ヒーローDVDセットってのが出てて、スケバン刑事とか仮面ライダーとかが収録されている様ですが、余計わけがわからんようになってきた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ModelGraphix 2011年1月号【永久保存版 巻頭特集】知らないと損をする工具選び | トップページ | Bトレ箱根登山電車バンダイ動力ユニット組み込み »