2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月24日 (日)

模型化したいロシアンナロー実例

とりあえず覚え書きとして。

このページからです。http://narrow.parovoz.com/

水平対向エンジン搭載スピーダー
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=133665&LNG=EN
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=133653&LNG=EN
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=133621&LNG=EN

手作り感満載木造流線型?レールカー?
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=133622&LNG=EN

農業用トラクタ利用の機関車? これは作ってみたい。
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=125897&LNG=EN
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=125918&LNG=EN

これは股が痛そう。スパルタンな軌道自転車。
http://narrow.parovoz.com/newgallery/pg_view.php?ID=10437&LNG=EN

2010年10月23日 (土)

ポップアップ・クリスマスカードのマイクロ・ピザ・パイク

キャノンクリエイティブパークのページでポップアップ・クラフト・ギフトカードを見つけていくつかダウンロードし、工作を楽しんでいるうちに、これでポップアップのストラクチャなんて出来ないだろうか、と思いつきました。

少し頑張れば、ポップアップカードを自分でデザインすることも出来ない事はなさそうだとは思いましたが、季節もそろそろいい頃だし、とここは安直に、公開されているクリスマスカードのラインナップから2階建ての家のクリスマスポップアップカードを利用させてもらうことに決定。

Img_0108

ちょうどトミーからワイドトラムミニカーブレールが発売されたことですし、これを組み込んで折りたたみ式パイクのクリスマスカードとすることにしました。

ダウンロードしたPDFファイルを、だいたいHOスケールに併せて縮尺して印刷し、いったん普通に工作して完成後、台紙を糊付きスチレンボードに貼り付けトラムレールの内側にあわせて丸く切り取ります。

全線トラムレールの舗装トラックでは変化がなくておもしろくないので、半分は通常のミニカーブレールとし、犬走りにあたる部分に芝生マットを貼り付けました。

Img_0111

レールの外側にも同じ高さにスチレンボードを配置して、おりたたむと縦長の本のようにみえるように仕上げました。ベースとなる表紙にはルーズリーフフォルダの厚手のプラスティック製表紙を使っています。接着はほとんど両面テープです。

いきおいあまって、手近にあった薄手の紙箱を改造したケースも作成しました。これで保管も持ち運びもばっちりです。

Img_0119

というわけで、昔作った水色と白に塗り分けた市電を走らせる、格好のミニパイクができあがりました。

たまには、というか私の場合はいつもこんなやっつけ仕事なんですが、ちょっとした工作でたのしめる、女性にも受けそうな(ここんとこ大事です=^・^=)鉄道模型工作もいいんではないか、と自己満足しています。

追記;

Small Layout Scrapbookに紹介されたので、いちおうリンクしときました。

2010年10月17日 (日)

4年ぶりに手をつけました

ほぼ4年間、ずーっとほったらかしにしていたGn15のマイクロパイクと機関車ですが、やっと重い重い腰をあげて塗装をしてみました。

Img_0100

ずっと使ってなかったアサヒペンのプライマー缶スプレーを吹いたら、気泡が出来てしまって往生しました。シンナーどぼんはめんどうだったので、ペーパーで擦り落としてそこだけ再度ふきつけといういい加減な処理ですが、まあ、ナローですからね。塗装の荒れ傷みも愛嬌のうちという事にしました。

先ず全体に黒を吹いて、その上に色を塗り重ねています。塗料はアクリルガッシュです。こんなに濃く塗り重ねたら下地を黒に下意味がないという意見もあるかと思いますが、それでも真鍮色の下地に塗装するのとは明らかに質感が変わるのが面白いところです。

Img_0102

人形はLGB からリクルートした退役軍人?です。もちろんポーズを少し変えさせてもらっています。これもアクリルガッシュの筆塗りです。

余談ですが、LGBって、一般的には、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアルの略語なんだだそうです。もちろん、退役軍人のリクルート先はレーマン・グロス・バーンですのでおまちがえなく。

排気管やキャブインテリアへの色差しはまだです。全体の色が塗り終わったら、気力失せました =^・^= 

それにライティング用の接点がとれてしまって点灯もしなくなったので、これも修理しないといけないし。まだまだ先は長そうです。完成まであと何年かかるのでしょうね? そういや、スリムプリンセスなんて、もう10年以上ほったらかしになってるなあ・・・

2010年10月10日 (日)

ダージリンサドルタンクのペーパークラフト

ネットで見つけました。

ダージリンサドルタンクのペーパークラフト
です。
Toytrain

写真をみるとすごく良く出来ていますが、組み立て部品がA4用紙で21枚分! 組み立ての手間も半端じゃありません。

この作者の方、プロなんでしょうか? 同じ作者でペンシィGG1形電気機関車の模型もありました。こんなすごいキット?を無料で提供しているなんて、ちょっと信じられませんね。

じっくりゆっくり手先の仕事を楽しむには最高のアイテムかも知れません。ただ・・・最近の老眼&集中力最低状況の自分にはちょっと無理なような気がします。

ということで、日曜の午後、気楽に楽しんでみた簡単なペーパークラフトの画像をどうぞ。

2010年10月 5日 (火)

Bトレ残材者

単身赴任先のジャンクボックスの中身が収拾つかなくなってきたので重い腰を上げて整理を始めました。捨てる物は捨てなきゃ・・・

と細々したランナーなどの残材やパーツをほんとのゴミと選り分け始めたのですが、そのなかにたくさんころがっていたBトレカプラー?や余り部品の妻板を眺めているうちに、それがなんだか組み立てブロックオモチャのパーツに見えてきて、おもわずぱたぱたと組上げてみたのがこれ。

Img_91

名付けて残材者?

こうして見ると、電車の部品って人体の各部に見えない事もないし、乗り物が擬人化されやすい理由が実感できた手慰みでした =^・^= 

2010.10.6 追記;

前回は男性版だったので、女性版もつくってみた。

Img_0093

2010年10月 3日 (日)

軽便祭

軽便祭に行ってきました。

今回は、なんと、写真一枚も撮りませんでした。写真を撮るよりも、ひたすらふらふらと会場をさまよい歩き、様々な作品やショップのブースを眺めて回ったり、ひさしぶりにお会いする方、ネットでしか知らなかった方々ともお会いしてお話させてもらっておりました。

でも、覚えられないんですよねえ、お顔とお名前。私は相貌失認症ってやつなんでしょうか、それとも単に老化によるボケがはじまっただけとか(^^;;;

ま、それはともかく、会場の風景は、参加された皆様のネット上での報告を待つことにいたしましょう。

で、今回のわたしの散財はこれだけ。

Img_0076

うーん、毎度のことながら、手にいれたはいいものの、これから何年寝かせることになるのか・・・死ぬ迄に使うことあるのかなー、なんて写真を撮りながら思わず考えてしまいました。

カウキャッチャをお題に競作なんてきっかけがあればいいんですが(苦笑)


« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »