2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 4年ぶりに手をつけました | トップページ | 模型化したいロシアンナロー実例 »

2010年10月23日 (土)

ポップアップ・クリスマスカードのマイクロ・ピザ・パイク

キャノンクリエイティブパークのページでポップアップ・クラフト・ギフトカードを見つけていくつかダウンロードし、工作を楽しんでいるうちに、これでポップアップのストラクチャなんて出来ないだろうか、と思いつきました。

少し頑張れば、ポップアップカードを自分でデザインすることも出来ない事はなさそうだとは思いましたが、季節もそろそろいい頃だし、とここは安直に、公開されているクリスマスカードのラインナップから2階建ての家のクリスマスポップアップカードを利用させてもらうことに決定。

Img_0108

ちょうどトミーからワイドトラムミニカーブレールが発売されたことですし、これを組み込んで折りたたみ式パイクのクリスマスカードとすることにしました。

ダウンロードしたPDFファイルを、だいたいHOスケールに併せて縮尺して印刷し、いったん普通に工作して完成後、台紙を糊付きスチレンボードに貼り付けトラムレールの内側にあわせて丸く切り取ります。

全線トラムレールの舗装トラックでは変化がなくておもしろくないので、半分は通常のミニカーブレールとし、犬走りにあたる部分に芝生マットを貼り付けました。

Img_0111

レールの外側にも同じ高さにスチレンボードを配置して、おりたたむと縦長の本のようにみえるように仕上げました。ベースとなる表紙にはルーズリーフフォルダの厚手のプラスティック製表紙を使っています。接着はほとんど両面テープです。

いきおいあまって、手近にあった薄手の紙箱を改造したケースも作成しました。これで保管も持ち運びもばっちりです。

Img_0119

というわけで、昔作った水色と白に塗り分けた市電を走らせる、格好のミニパイクができあがりました。

たまには、というか私の場合はいつもこんなやっつけ仕事なんですが、ちょっとした工作でたのしめる、女性にも受けそうな(ここんとこ大事です=^・^=)鉄道模型工作もいいんではないか、と自己満足しています。

追記;

Small Layout Scrapbookに紹介されたので、いちおうリンクしときました。

« 4年ぶりに手をつけました | トップページ | 模型化したいロシアンナロー実例 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4年ぶりに手をつけました | トップページ | 模型化したいロシアンナロー実例 »