2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 筆筒 | トップページ | レール磨き »

2010年9月 9日 (木)

心地よい乱雑???

森さんのブログ、Construction in Waterlooに、新しいガレージの整備状況写真が掲載されていた。

充分なスペースが確保されて奇麗に整備されつつあるガレージだけれど、なってったって物量がすごいから、見ようによっては足の踏み場もないくらいに「散らかって」いる様に見える。なかなかに好ましい光景だ。

でも、なにか、妙によそよそしい散らかり方なのが気になった。

しばらく考えて、その理由に気がついた。

これは、まだ、この空間の主が、本当の意味での活動をはじめていないからなんだと。機関車やレールや道具や素材やその他ありとあらゆる雑多なモノが、空間の主の手によって、本当の意味で乱雑に、かつ、あるべきところに置かれていないから、放り出されていないからなのだと。

私は、自分の小さく粗末な工作机の上が、他人から見ればゴミためのような乱雑な空間になっても、どこに何があるのかほとんど直感的にわかるし、それぞれの物体はそれぞれしかるべき理由によって、そこでなければならないという確信をもってその位置に転がっているんだ、と信じている。

森さんのガレージのような広大で豪華な空間であっても、それは同じだろうと思う。

だから、森さんのブログに掲載された写真を見て感じたよそよそしい散らかり方は、きっと、森さんがそこで動き回る時間に比例して、心地よい乱雑さに変化していくんだろう、と思う。その変化をぜひ観察してみたいものだ。

なんてことを、森さんのブログにコメントしたりするのは、おそれおおすぎるので、ここに秘密の覚え書き(笑)として、こっそり書き留めておくことにしました(^^;;;

けど、これって、よく考えなくても、自分の自堕落な模型工作環境の乱雑さを、森さんにかこつけて体よく弁解してるだけなんじゃないか、と読み直してみて赤面。

いやほんと、最近まともに模型工作してないくせに乱雑さにだけは磨きがかかってますもんで……要反省です(^^;;;

追記:

ご参考まで、一昔前の私の工作机の風景であります(^^;;;

Dscn1859_2

« 筆筒 | トップページ | レール磨き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筆筒 | トップページ | レール磨き »