2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« スタバカップアンプ | トップページ | ほとんど廃線跡のような »

2010年8月14日 (土)

抵抗のカラーコードの覚え方

抵抗のカラーコードですが、この歳になって電子工作をはじめたせいもあって、覚えるのに一苦労。ごろあわせで覚えることにしました。

で、考えたのがこれ。結構役に立ってます。

0:黒:那智黒(なしくろ)
1:茶:小林一茶
2:赤:赤鬼
3:橙:サンキストオレンジ
4:黄:キシロ軟膏
5:緑:五月みどり
6:青:青の6号
7:紫:紫式部(しちぶ)
8:灰:灰屋常次郎(はいや)
9:白:釧路

ちなみに、灰屋常次郎は上方落語の登場人物からです。

ネットで検索したら、カラーコードの覚え方、というページがヒットしました。そこでは、以下のようになっています。

0:黒:黒い礼(0)服
1:茶:小林(1)茶
2:赤:赤いに(2)んじん
3:橙:み(3)かんはダイダイ
4:黄:四季(黄)の色
5:緑:五月ミドリ
6:青:徳川無声(六声)
7:紫:紫式(七)部
8:灰:ハイヤー(8)
9:白:ホワイトク(9)リスマス

「小林一茶」、「五月みどり」、「紫式部」がいっしょですね。ごろあわせですぐ思いつくようなものはたいていこんなものなのでしょう。

ただ、このページの例も私の例も、かなり年齢が高くないと思いつかない語呂合わせが含まれています。こういうものには、その人の趣味や年齢によって連想するものがちがうはずですので、若い人の覚え方がどんなものなのか興味があります。

ほかにも、このページで、ごろあわせでの覚え方のコレクションが紹介されていました。

本来は周期表の覚え方を語呂合わせコレクションから発展したページのようです。

« スタバカップアンプ | トップページ | ほとんど廃線跡のような »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタバカップアンプ | トップページ | ほとんど廃線跡のような »