2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« Arduinoシンセサイザー(Japanino & arduino) | トップページ | 欠伸軽便鉄道社長のホビィルーム »

2010年7月 4日 (日)

ソフトエアーガスハンドガン購入(^^;;;

あんまり興味はなかったはずなんですが、鯖芸(←サバイバルゲーム)に熱中されている取引先の方の愛銃自慢につきあわされて、実際にちょっと撃たせてもらったら、その命中精度とブローバックの反動、それにメカニズムに興味を持ち……なんて言い訳無用ですね。

気がついたら、金曜日の真夜中に意識朦朧の中でネットを検索して好みのスタイルのガスハンドガンを注文してしまっておりました←おぼえてない(^^;;;

で、届いたのが今日日曜日。早いですねー。キャンセルは許さんぞ、という勢いみたいなもんを感じます。モノがモノだけにねえ……

Img_4755

ミリタリーマニア、武器マニアではないので、本当は銃は好みじゃありません。どっちかというと刃物の方がよろしい、ってそっちの方が危ないか? で、砂漠戦場での使用を想定した架空カスタムモデルを購入。これなら、ぎらぎらした銃器の感じがしないので、わたしでも抵抗感はありません。

早速箱から取り出して・・・へえー、ソフトエアーガスハンドガンって、こういう風に出来てるのか、と興味津々でマニュアルを見ながらいじくり回しましたが、どうせ本物を知らないし、まーこんなもんなのかな?というところでおしまい。

さて、撃ってみますかと思いはしたのですが、カーテンに撃つのもなんかいやだし、ごらんのとおり段ボールの切れ端ででターゲットを作成したのですが、化粧箱をひっくり返したら、空撃ち用スペーサなるものが転がり出てきたので、これをつかってブローバックの動きと反動を楽しんだだけで、実際にはまだ1発も撃ってません =^・^= 

Img_4756

私の場合、空撃ちだけで十分楽しめることに気がついてしまったという、なんだか妙な結果となりました。最初に書いたように、結局、武器としての銃そのものや射的競技よりもメカニズムの方に興味があったという事なのかもしれません。

タマ1袋とローダまで買ったのになー。まーいいか。そのうち気が向いたら撃ってみましょ。ということで今日はおしまいです。腱鞘炎の手も痛いしね =^・^= 

しかし、これ、ガスが高価なんですね。400グラムで1000円近くもする。しかも環境にやさしくないフロンガス。空撃ちするにもガスは消耗品として必要だし、環境対応のエアーダスターのガスが使えないか検討中です。ターゲットをつくったり、こういうことを調べたり工夫したりするほうが面白いのは、やっぱり性格なんでしょうね。

« Arduinoシンセサイザー(Japanino & arduino) | トップページ | 欠伸軽便鉄道社長のホビィルーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Arduinoシンセサイザー(Japanino & arduino) | トップページ | 欠伸軽便鉄道社長のホビィルーム »