2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 東京おもちゃショー2010 | トップページ | アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ »

2010年7月21日 (水)

アキア食玩ZJゲージ

格安で売られていたので箱買いしてみました。

食玩12個セットの大箱ですが、これだけで485系「白鳥」、「スーパー雷鳥」、「きらめきかがやき」のうちどれかの編成(モータ付き1両含む)と半径約20センチのレール一回り、それと電池式のパワーパック(速度調節無し)が揃います。カラーリングの違う車両が余ってしまいますが、これはご愛敬???

Img_4893

レールは、食玩専用のバージョンなので別売りの線路とは組み合わせられないのが残念ですが、まあ、気楽に楽しむのだからこれで充分。

問題は、パワーパックをつなぐ給電クリップの構造が良くなくて接触不良が発生すること。そういう場合の対処の方法は下の写真の通り。クリップが差し込まれる溝のカーブの内側にあたる部分をちょっとカッターで削って、クリップの金属切片が見える様にし、この金属切片がしっかりとレールに押しつけられるように爪楊枝を押し込みました。

Img_4891  Img_4892

それから、編成で走らせるとすぐ脱線するので、これは連結器の構造のせいばかりではなかろうと思って裏返してみたら、案の定、車輪がプラ製の車軸にちゃんと押し込まれておらず、車輪の間隔が広くなっているものがありました。これは、台車からいったん取り外し、雑誌を台にして指で上から強く押し込んで修正してからはめ直しました。こう言うところはやっぱり食玩クオリティーですね。

Img_4895

子供がそのまま遊ぶにはちょっと問題かも知れません。これでがっかりして鉄道模型に興味をなくすなんてことにならなきゃいいんですが、と余計な心配。

そんなこんなで、快調に走るまでには、少々調整が必要でしたが、それもまた楽しみのうち。机の上で、気楽に6両編成の「白鳥」がシャーシャーと音を立てながら走るのを見ているのも、なかなかいいものだなあ、とあらためて、プリミティブな鉄道おもちゃの楽しみを発見したような気分になりました。

« 東京おもちゃショー2010 | トップページ | アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ »

コメント

うわ、欲しいかも!

小さな子どもも喜ぶ鉄道模型ですね^^
対象年齢が15歳以上となってますけど、中学一年生の息子が、この鉄道模型をもらって、とっても喜んでいます♪
我が家のも、給電クリップの接触が思わしくなくて、このHPがとても参考になりました。ありがとうございましたm(__)m
電車がスムーズに動き出すまで、悩みましたけど、悩んだ分、動いたときには、感動しました(*^o^*) どうして、電車が動くのだろう・・など、質問され、ハタと困ったりもしたのだけど、模型って面白いですね。3車両までは、スムーズに動くのですけど、4車両を動かそうと思うと、脱線したりと、悩みは尽きず、だけど、とっても楽しんでます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京おもちゃショー2010 | トップページ | アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ »