2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ | トップページ | 7segment LED (japanino & arduino) »

2010年7月31日 (土)

100円USB充電用電池ボックス&USB LEDライト

100円ショップでみつけたUSB LEDライトのパッケージ裏にUSB充電用電池ボックスの絵が書かれていたので、欲しくなり、あちこちの店を探しまわって、やっと見つけました。

Img_4751

USB 端子から携帯電話を充電するコードとあわせて使うことを想定した製品の様です。電圧の事は何も書かれていませが、単三2本仕様です。USB充電用というからには5Vなんだろうと判断したのですが、昇圧回路でも入っているのかな。なんでもいいや、Japanino の外部電源としても使えるだろうし、手軽なハンディコントローラの電源としても便利だろうし、と考えて購入しました。

ネットを検索するとこちらのページに構造や性能など詳しく解析したレポートがありました。予想通り昇圧回路で5Vを供給している様ですが、エネループ等の充電池を電源にすると電圧が不足するらしいし、あまり本格的な用途にはむかない模様です。まあ、割り切って本来の携帯電話充電用はじめ、気軽に使う分にはいいかも、という事で納得しました。

追記:Japaninoに使用してみたら、電圧の変動があるのか、ノイズがひどいのか、正常な動きをせず、使い物にならない事が判明。かなり残念です。

LEDライトは、フレキシブルなアームが気に入って購入したもので、早速パソコンに差して試してみたところ、絶対的に光量不足。発光部を分解してみたら、レンズ部品にLEDがちゃんと治まっていませんでした。

で、LEDの頂端をヤスリで削って光がある程度拡散するようにし、レンズ部品がLEDを挟み込む足を少々ニッパで切り縮めて押し込んだら、レンズがまっぷたつに割れてしまうというトラブル……こまったものです。それでも、そのままくっつけて発光部の金属パイプに押し込んだら何とかなりました。

結果は……やっぱり光量不足。電池ボックスとあわせて懐中電灯代わり、には到底使えません。しかたないですよね、100円なんだから。もっと輝度の高いLEDに交換するしかなさそうです。

ということで、今回も例によって例のごとく、安物買いの銭失いゴミ屑不要品罪庫増殖という顛末になりました(苦笑)

« アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ | トップページ | 7segment LED (japanino & arduino) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アザラシ型メンタルコミットロボット・パロ | トップページ | 7segment LED (japanino & arduino) »