2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 箱根登山鉄道スイッチバックパイクのプラン | トップページ | Small Layout Scrapbook »

2010年4月10日 (土)

伊豆箱根鉄道工事電車のテープカッター

新聞を見ていたら、こんなものが紹介されていました。

Img4081624460001

一部のファンやマニアにしか売れなさそうな気がしますが、その構造がおもしろい。二種類の電車を入れ子にしてテープカッターの本体とカバーを作っています。

ディテールはレリーフではなく印刷で表現しているだけなので、模型に応用するにはちょっとという感じがしますが、そのアイデアがおもしろいので紹介してみました(^^;;;

伊豆箱根鉄道の公表資料はこちらです。

以下、毎日新聞2010/04/08朝刊記事引用

工事電車を模したテープカッターを発売
伊豆箱根鉄道(本社・三島市)は電車型テープカッターを駿豆線(三島―修善寺)と大雄山線(小田原―大雄山)の有人駅で発売している。大雄山線の点検対象の電車を本社工場へ導く工事電車「コデ165」と「ED32」を合体させた。価格は1個800円で、3000個限定。問い合わせは同社運輸課(955・977・1207)

« 箱根登山鉄道スイッチバックパイクのプラン | トップページ | Small Layout Scrapbook »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根登山鉄道スイッチバックパイクのプラン | トップページ | Small Layout Scrapbook »