2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 復刻版サンダーバード2号 | トップページ | 伊豆箱根鉄道工事電車のテープカッター »

2010年4月 3日 (土)

箱根登山鉄道スイッチバックパイクのプラン

せっかく箱根登山鉄道Bトレインを手に入れてN化したので、これを走らせるパイクが欲しくなりました。

といっても、大きなものは作りたくないし、かといって、ミニカーブレールのエンドレスでは情けなすぎるし、というわけで、自動往復運転回路を利用したパイクのプランを考えてみました。

Switch_back_pike

トミックスミニカーブ用小型ポイントと177R、317Rカーブ、スルーガーダーを使い、900mm x 300mm に納めています。

スプリングポイント機能を生かして、全く手を触れずに自動スイッチバック運転を楽しむことが出来るはずですが、かなりの急勾配になるうえにポイントから引き込み部分の線路は水平にしなければならないので、うまく線路を縦方向に曲げて敷くのに手こずるかもしれません。

こういうパイクが一つあってもおもしろいかな、と思っています。

« 復刻版サンダーバード2号 | トップページ | 伊豆箱根鉄道工事電車のテープカッター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 復刻版サンダーバード2号 | トップページ | 伊豆箱根鉄道工事電車のテープカッター »