2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月29日 (木)

フライシュマン・マジックトレイン

もうこれ以上手を広げないようにしようと思っていたのですが・・・

去年の夏ごろ、まだ円高ドル安が進んでいなかった頃の話です。

ヨーロッパ型モデルを扱うショップのウェブサイトをみていたら、とおのむかしに生産終了になったと思っていた、フライシュマンのマジックトレインシリーズ(1/43スケール!)がリストアップされているのに気づきました。

でも、実際に問い合わせると、ウェブのリストには掲載しているが実際は店頭在庫無しという場合が多く、orderしてもしばらくしてfactory sold outという答えが返ってくることがほとんどでした。

無いとなれば、欲しくなるのが人の常。あちこちネットを探し回り問い合わせた末、北米のショップで在庫にたどり着いたのはいいのですが、少々割高だった上に、どういうわけか何度にもわけて国際宅配便で発送されてきたので、送料がとんでもなく高くついてしまい、さすがにこれには参りました。

しかし済んでしまった事は済んでしまった事とあきらめるよりほかありません。それでもなんとかほしいものが手に入ったのを喜ぶ事にしたいと思います。

Img_3181

もともと子供向けとして企画販売されていたものですから、機関車屋根やキャブ、客貨車の屋根や側板などを簡単に取り外したり交換したり出来るようになっているのも知育玩具?らしくて好ましいのですが、そればかりでなく、模型としてのディテールも確かで、そのへんのスケールモデルに比べても決して遜色のあるものではありません。

Img_3182 Img_3184

連結器はアーノルド型の変形タイプが採用されているので、連結解放操作のじゃまになるのを考慮してか、LGBのようにダミーの朝顔型カプラーは取り付けられておらず、ポケットがむなしく口を開けているのにはちょっとがっかりさせられますが、まあ、しかたありませんね。

さて、このマジックトレイン、手に入れてもべつに、これに似合ったレイアウトをつくろうなんて考えているわけでもなく、まずは眺めて楽しむのが第一の目的。たまには机の上で、手回し発電機をつかい、短い線路を往復させて遊ぶ位が関の山ですが、解放ランプを使うと連結解放がかなりスムーズに出来るので、組み立て線路で入れ替え運転が楽しめそうな気もします。

しかしそれには、もうすこし客貨車を手に入れないと、とは思うのですが、はて、どうしたものやら・・・

2010年4月24日 (土)

しずてつ(静岡鉄道)デワ1タイプ

大きさがHOナローにちょうど良い大きさのようだったし、せっかく静岡に住んでいるんだから、ということで、HOn30の車輛として購入してみました。

商品名に”タイプ”と言う文字がくっついている上に、説明書の裏表紙にはなぜか、森林鉄道の説明が???いったいどういうコンセプトで、この車輛をラインナップに取り上げたのでしょうね?

Img_4097

いちおうNゲージとなっているのですが、あらためて見ても、完全にHOナローの大きさです。津川の有蓋車とほぼ同じ大きさみたいです。

付属のパンタグラフはHOナローと考えると異常に小さくて造りもちゃちですし、ポールの方ももう一つのできですので、HO用のパンタでも手に入れて付けてみようかと考えています。でもそれだと、パンタの方が大きくなりすぎてあたまでっかちのアンバランスになるかなあ?

カプラーはアーノルト型が同梱されているますから、これに付け替えて、津川の有蓋車を引かせて楽しめればと思っています。

走りは、キャラメルナインは初めてなんですが、これなら自分で一軸駆動の動力を作った方が音も静かだし、スローも効くんじゃないか、という感じです。キャラメルナイン、高価すぎますよね。

じっとながめていると、ヨーロッパ型にも通じるデザインのように見えてきて、いっそ濃い赤にぬってしまおうか、などと考えています =^・^= 

2010年4月17日 (土)

Small Layout Scrapbook

ひさしぶりにSmall Layout Scrapbookを見てみたら、トリプルゲージ折りたたみ運転盤ピッツアレイアウト特集に紹介されていたのでびっくりしました。=^・^=

そういや、ずいぶん前に、サイトの管理者あてに「こんなのどう?」と画像を送ったことがあったっけ。

いっしょに紹介されているピッツアレイアウトの作例とあまりにも雰囲気が違うので、ひそかにおもしろがっています

2010年4月10日 (土)

伊豆箱根鉄道工事電車のテープカッター

新聞を見ていたら、こんなものが紹介されていました。

Img4081624460001

一部のファンやマニアにしか売れなさそうな気がしますが、その構造がおもしろい。二種類の電車を入れ子にしてテープカッターの本体とカバーを作っています。

ディテールはレリーフではなく印刷で表現しているだけなので、模型に応用するにはちょっとという感じがしますが、そのアイデアがおもしろいので紹介してみました(^^;;;

伊豆箱根鉄道の公表資料はこちらです。

以下、毎日新聞2010/04/08朝刊記事引用

工事電車を模したテープカッターを発売
伊豆箱根鉄道(本社・三島市)は電車型テープカッターを駿豆線(三島―修善寺)と大雄山線(小田原―大雄山)の有人駅で発売している。大雄山線の点検対象の電車を本社工場へ導く工事電車「コデ165」と「ED32」を合体させた。価格は1個800円で、3000個限定。問い合わせは同社運輸課(955・977・1207)

2010年4月 3日 (土)

箱根登山鉄道スイッチバックパイクのプラン

せっかく箱根登山鉄道Bトレインを手に入れてN化したので、これを走らせるパイクが欲しくなりました。

といっても、大きなものは作りたくないし、かといって、ミニカーブレールのエンドレスでは情けなすぎるし、というわけで、自動往復運転回路を利用したパイクのプランを考えてみました。

Switch_back_pike

トミックスミニカーブ用小型ポイントと177R、317Rカーブ、スルーガーダーを使い、900mm x 300mm に納めています。

スプリングポイント機能を生かして、全く手を触れずに自動スイッチバック運転を楽しむことが出来るはずですが、かなりの急勾配になるうえにポイントから引き込み部分の線路は水平にしなければならないので、うまく線路を縦方向に曲げて敷くのに手こずるかもしれません。

こういうパイクが一つあってもおもしろいかな、と思っています。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »