« ペーパークラフトストラクチャ(OOスケール英国風信号手小屋) | トップページ | 屋根上のウェザリング »

2010年2月20日 (土)

CIWLプルマン窓サッシ色差し

ウェブでVoitures CIWL のページを見ていたら、レストランカーNo.4038の写真がありました。

手に入れた模型はどの時代の塗装を再現しているのか不明ですが、窓サッシはクリーム色でウェブの写真のように金メッキにはなっていません。これはちょっとさびしいので、あえて、窓サッシに色差しをする事にしました。

あまり自信がなかったのですが、タミヤエナメルのゴールドリーフを使い、はみ出たところを綿棒でこすりとって修正しつつ、なんとか色差しができてかなり華やかな感じになりました。

下は、色差し前、色差し後の比較写真です。

Img_3909  Img_4019

トランブルー編成の模型も窓サッシは車体の色と同じになっていて金メッキではありません。でもまあ、オリエント急行をことさら意識しているわけでもないので、これはこれで好いかなと思っています。

でもやっぱり、ツートンカラーのプルマンだけは金メッキの窓サッシがいいな、というちょっとした希望からの週末の工作でした。

« ペーパークラフトストラクチャ(OOスケール英国風信号手小屋) | トップページ | 屋根上のウェザリング »

コメント

金の色差し、効果抜群ですね~^^

最初からオリエント急行用の車輛だったらこういう楽しみもなかったろうなと思って、むりやり喜んでいたりします =^・^= 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペーパークラフトストラクチャ(OOスケール英国風信号手小屋) | トップページ | 屋根上のウェザリング »