2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 衝動買い | トップページ | CIWLサロンカー&レストランカー »

2010年1月30日 (土)

ブルートレイン届きました♪

じつは、世界にはブルートレインと呼ばれる列車がいくつかありまして・・・

Wikipedia, the free encyclopedia によると、

Blue Train may refer to:
In rail:
Blue Train (South Africa), a South African luxury train
Blue Train (Japan), the generic name for sleeping car trains in Japan
Le Train Bleu or The Blue Train, a train that ran between Calais and the French Riviera
British Rail Class 303 or Blue Train, electric suburban trains introduced on the North Clyde Line and elsewhere in the Glasgow area

ってことになっています。

で、私が衝動買いしてしまった模型は上から3番目、Le Train Bleu、フランスの豪華急行寝台列車のセットなのでありました =^・^= 

CIWL(Compagnie internationale des wagons-lits:国際寝台車会社) 通称ワゴン・リの客車の模型は是非手に入れたいなと、まえまえから思ってはいたのですが、一時メインライン関係はアメリカ型(特にグレート・ノーザン)に傾倒していたこともあって機会を逃してしまっていました。

CIWLの模型はオリエント急行セットとして人気があり、かつてはNゲージでも各社から発売されていたのですけれど、いまでは中古市場でしか見つからないようですし、もともとオークションとかの世界は苦手なもので、結局現在新品で手に入るリバロッシ製のHOゲージのセットを手に入れました。

箱から出して並べてみて、うーん、なかなか満足・・・かな・・・

Img_3985

ダイニングカー、サロンカー、バゲージカーにスリーピングカー3両です。

スリーピングカー3両は同じ形態ですが車番が違い側面の表記も違えてあるのがおもしろいです。一両は、VOITURE LITS, CARROZZA CON LETTI, SLEEPING CAR, SCHLAF WAGON と4カ国表記になっています。これだけでもなんとなくうれしくなりますね =^・^= 

Img_3987 Img_3991

ヨーロッパ模型標準装備の伸縮式カプラーなので車両間もいちおう幌がくっついた状態で連結されるし、もちろん356Rもむりなく通過します。これならコンパクトな組み立て線路のレイアウトでも走らせることが出来ますね。って、機関車+6両をつないだら、狭いオーバルトラックでは頭とお尻がくっつきそうになるでしょうが(^^;;;

問題は、牽かせる機関車がないということ。ワゴン・リの豪華寝台列車 Le Train Blue にはそれなりに格のある機関車が欲しいところですが・・・これ以上の散財はさすがに・・・

しばらくの間は、先日手に入れたLiliput SNCF 140_C_314が、イベント用として臨時に徴用されたという設定にして、運転を楽しみたいと思っています。

追記:

日本語Wikipediaにもトラン・ブルー関係の項目がありましたのでリンクを張っておきます。

青列車(仏: le Train Bleu:ル・トラン・ブルー、英: the Blue Train:ザ・ブルー・トレイン)

オリエント急行(Orient Express)

国際寝台車会社 (Compagnie internationale des wagons-lits)

こちらは、CIWLのコレクションを紹介したページです。

CIWL 国際寝台車会社 (ワゴン・リ社) の鉄道模型 - EURO EXPRESS

« 衝動買い | トップページ | CIWLサロンカー&レストランカー »

コメント

うおっ、届いたんですね。
外国型の相場が分からないんですが、これは高そうだ。それだけに、嬉しいですよね。
ル・トラン・ブルーと読むのですか? 地続きだからこその多国語表記、旅のロマンを感じますねぇ……。
なんでなくなっちゃったんですか? やはり高速化の余波ですか?

ぎゅっさんさん

トラン・ブルー、とってもクラシックな雰囲気で、眺めていて楽しいです。でも、常時飾っておける場所がありません。箱の中にしまいっぱなしになりそうなのが悲しいですね。

大量生産のプラ製品ですからそんなに高価なものじゃありません。トミックスのHOブルトレとおなじくらい。送料分が高くなる、という感じです。

やはりフランスもTGVなど高速鉄道のほうが普通の様ですが、日本のカシオペアのような豪華観光寝台列車は運行しているみたいですよ。

おおーっ
CIWLかっちょええですね~
機関車の前に、ツートンの客車も増やしたいはずですよねねね♪

こども局長さん

じつは〜、トラン・ブルーを注文したのはきっかけがありまして・・・あとでその件アップしますので、おたのしみに・・・

何よりの問題は、走らせる所も飾っておく所もないという事で・・・(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 衝動買い | トップページ | CIWLサロンカー&レストランカー »