2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

新大阪駅で

動輪が飾られていました。ずっと前からあったとおもいますが、あまりになじみの風景なんで、見過ごしていたというかなんと言うか。

Sa3a0410

一つは電車の車輪というのがマニアックな気がします。

これは、新幹線ホームの先頭車輛の乗車扉位置。車輛によって、こんなに扉位置が違うんだ、とちょっと感激してました。

Sa3a0420

黄色がN700系、緑が300系、白が700系、そして後方に見える青いのが500系用です。在来線のようにぴったり停車するというわけじゃないのか、けっこうマージンをとってありますね(^^;;;

2009年9月20日 (日)

寸又峡温泉に行ってきました。

旅館は古かったですが、泉質はなかなか良くって、いい温泉の旅でした。

もちろん行き帰りには、大井川鉄道の蒸気機関車が引く列車と、アプト線にも乗ってきました。

証拠写真はこれ。

Img_3093

Img_3156

でも、なぜか駅の売店のこういうものに眼がいってしまいます(^^;;;

Img_3100

Img_3171

幸運にも?偶然千頭駅の手動ターンテーブルを廻す体験ツアーの一行と一緒になって、柵の外からですが、見学することが出来ました。

Img_3106

動画はyoutubeからどうぞ。

駅のSL資料館には列車のヘッドマークが展示されていて、中にはこんなのが? いつの時代じゃ???

Img_3111

これは、寸又峡の散策路の一番奥の展望台に展示されていた、千頭営林署森林鉄道の車輛です。保存状態はなかなかいいのですが、いたずらされて荒らされないか心配です。

Img_3137

これは、昼食に立ち寄ったおそば屋さん?のカウンターにおいてあった七福神の人形ですが、まあ、大迫力のおばはん風弁天様で・・・(^^;;;

Sa3a0406


2009年9月12日 (土)

DCCで楽しむ鉄道模型

おくればせながら、「DCCで楽しむ鉄道模型」入手しました。

一読して、なんか、「エクセル自由自在」とか「一太郎初歩から応用まで」とか言う感じのパソコンソフト解説本みたいな雰囲気だなあ、という感想。基本的にDCS50Kの解説に特化しているので、特にそう感じるのかもしれません。

デコーダ取り付けの作例やサウンド用スピーカーの加工等についても詳しく写真解説されていて、これはなかなか参考になります。もちろん製品の一覧表や模型用語辞典、取扱店、ウェブページなど参考情報もしっかり掲載されているし、手元においといてまあ、損はないかな、という感じです。

デコーダ取り付け編で紹介されている、Nゲージ汎用デコーダというのはなかなかのアイデアです。私なんかにはものすごく共感できる記事ですけれど、自分で言うのもなんですが、なんだか貧乏臭いよなあ、という気がしないでもありません(苦笑)。

また、応用編の、実物に合わせた運転を楽しむ、などは、私のように実物の運転を知らない人間にも興味深く、面白く遊べそうだなと感じました。

Sa3a0395

ただ、CV値についての解説は、基本的なものだけに限られているのがちょっと残念です。もうすこし詳しいスタート電圧、最高電圧、中間電圧の調整の実例とか、サウンド関係のCV値の設定例などの紹介が欲しかったですね。

それから、サウンドデコーダのチャフ音や汽笛の音色をCV値で変更するときは、その都度運転モードに設定し直して音を確かめなければならない、とありました。MRCの場合、運転モードのファンクションキーで音色を選べるんですが、他メーカーのデコーダは違うのでしょうか?

2009年9月 5日 (土)

006Pハンディコントローラ

ここのところ忙しくて模型工作活動休止中なもので、昔作った電池式ハンディコントローラをご紹介。

Img_3081


チョコベビーの容器に006P電池がぴったり収まるのに気づき、これでコンパクトな電池式ハンディコントローラができそう、とおもわず工作を楽しんでしまいました。

回路はダーリントントランジスタを汎用基板に組んでなんとかぎりぎりサイズに収まりました。

中の部品が透けるのはあまり見栄えが良くないので、小田急ロマンスカーHiSEが緑の中を駆け抜ける写真が印刷された使用済みパスネットカードを裁断して内側に貼付けてあります。

丸みのある容器がちょうど手にしっくりと収まって、とても使いやすいハンディコントローラになりました。テーブルの上などでのちょっとした運転に重宝しています。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »