2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« フォルクスワーゲンの軽自動車 | トップページ | 鉄道模型レイアウト作成入門解説本 »

2009年7月25日 (土)

DCC据え置き型サウンド&モバイルデコーダデバイス

以前に手に入れたフライシュマンのDCCスターターセット、お値段からして当然の事ながらとはいえ付属の機関車にはサウンドは組み込まれていません。

これはさみしい。とってもさみしい。

せっかくのDCCなのにサウンド機能が楽しめないというのはどうしても納得がいかないので、とりあえず、MRCのサウンドオンリーデコーダを手に入れてみたのはいいのですが、基板とスピーカーの大きさを見て断念。とてもタンクロコに組み込める大きさではありませんでした。

かといって、いまさら音源車なんて方法もばからしいし、どうせお座敷運転でそう広いところで走らせるわけでもなし、この際音源は分離して「据え置き型サウンドユニット」という方式で楽しむ事に決定。

早速、MRCサウンドオンリーデコーダを、直接、フライシュマンの破綻で今や絶版となったDCCコントローラProfi-Bossにつないで実験してみました。

いやー、たのしいですね。Profi-BossはほぼフルNMRA準拠の仕様ですから、CV値も自由にいじれるし、ファンクションキーもF21以上はワンタッチではないもののどんな大きなナンバーでも扱えるので、デコーダのすべての機能を楽しめます。

Img_2894

おまけに、ファンクションの機能をアイコン化するオプションもついているので、デコーダのマニュアルを参照しながら設定してみました。すべてぴったりのアイコンが揃っているわけではないので、適当にイメージ優先で割り当てていますが、それでもいちいちファンクションの機能を覚えていなくていいし、うれしいですね。

Img_2896

MRCサウンドオンリデコーダに付属のスピーカーは音も大きいし、これならなにかちょっとした小箱に組み込めば、見栄えも良くサウンド付き運転を楽しめそうです。

それに、ついでにいっそモバイルデコーダも組み込んでしまうかサウンド付きモバイルデコーダをつかえば、DCモータをコントロールできる「据え置き型DCCサウンド&モバイルデコーダデバイス」ができあがるわけで、これを線路につなげばアナログロコをそのまま走らせる事も可能になりますね。

などと思いつつ、ためしに「DCC デコーダ 据え置き」で検索してみたら、なんと、このアイデアをウェブページに掲載している方がおられました。考える事は、みな同じなんですねえ。


7/26追記

harashimaさんからのコメントで、BEMFを利用するだけの為に、DCCコントローラとデコーダを組み合わせたパワーパックが販売されている事を知ってびっくりしました。

BEMFだけのことなら、類似の機能を持ったものとして、ワンダーキットからPWM+フィードバック機能付きのモータコントローラキットがでてるので、これで十分なような気もしますが...

このキットはずいぶんと古くからあるもので、最大3ボルトまでしか制御できないのが難点ですが、ちょっとした加工で9ボルトまでのコントローラとしてつかえます(このページの「その2」参照)ので、ナローゲージャーの間ではいまや標準装備ともなっているようです(^^;;;

« フォルクスワーゲンの軽自動車 | トップページ | 鉄道模型レイアウト作成入門解説本 »

コメント

こんにちは。
製品化もされています。
据置き型デコーダです。
http://www.snjpn.com/ngdcc/indexj.htm

harashimaさん

こんばんは。

なんと、BEMFを利用するだけの為に、DCCコントローラとデコーダを組み合わせたパワーパックを作って販売しているなんて、びっくりしました。

BEMFだけなら、類似の機能を持ったものとして、ワンダーキットからPWM+フィードバック機能付きのモータコントローラキットがでてるので、これで十分なような気もしますが...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォルクスワーゲンの軽自動車 | トップページ | 鉄道模型レイアウト作成入門解説本 »