« ノッチ式自動加減速トランジスタコントローラ | トップページ | フォルクスワーゲンの軽自動車 »

2009年7月11日 (土)

シボレーレールトラック(レールカーその9)

vikingのミニカー Chevroet Truck の車体をつかって、レールトラックをつくってみました。それこそ、文字通りのレールトラックです(^^;;;

Img_1062

形態を損ないたくなかったのと、前輪をボギーにしたかったため、ボンネット内に設置したモータの軸とドライブシャフト軸を一直線に結ぶことが出来ず、ご覧のような伝動となりました。かなり強引な設計です。

Img_1059

Img_1060

ボギーの車輪は、当時金属製が手に入らなかったため、乗工社の運材車用3.5φプラ車輪です。当然のことながら集電が出来ません。かわりに、集電シューをつける事にしましたが、調整の難しい事。ちょっとバネが強すぎると前部が浮き上がってしまうので、ボンネット内にかなりのウェイトを積んでいます。

一軸駆動ですが、荷台にウエイトを積むと、それなりにスムーズに、機嫌良く走ってくれます。

フリーハンドの無理矢理な構造のやっつけ仕事ですが、結果オーライという事で、結構楽しめた工作でした。


« ノッチ式自動加減速トランジスタコントローラ | トップページ | フォルクスワーゲンの軽自動車 »

コメント

うわー、良い感じですねえ。
動力伝達はチューブですか?凄いなあ。

雀坊さん、

この配置ではチューブの抵抗が大きすぎてダメかと思っていたのですが、やってみたら意外にいけたので自分でも吃驚しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノッチ式自動加減速トランジスタコントローラ | トップページ | フォルクスワーゲンの軽自動車 »