« モデルアイゼンバーンクラブ運転会 | トップページ | シボレーレールトラック(レールカーその9) »

2009年6月28日 (日)

ノッチ式自動加減速トランジスタコントローラ

あるところで、トミックスのマスコン・ブレーキ型のコントローラをさわらせてもらい、これが結構面白くて、ちょっと欲しくなってしまいました。

しかし、別に電車ファンでもないので、本格的なものは必要ないし、簡易板として、かつてTMSレイアウトテクニックに掲載されていた、ノッチで加速、減速、惰行ができるコントローラを作ることに。

これは、ずっと昔からいつか作りたいと思っていたコントローラでしたが、記事に使われているトランジスタはすでに絶版。記事そのままでは作る事は出来ません。

ネットを探してみたら、カーサロンモリのエレクトロニクスのページに「ノッチにより加減速をするコントローラ」の回路が見つかりました。これを参考に、増幅部を2SD1828ダーリントントランジスタで代替してなんとか完成。

Img_2283

簡単な回路ですが、汎用基板の上に電子部品をまとめ、できるだけコンパクトにしてみたつもりです。

Img_2282

実際に運転して見ると、惰行運転の減速率がちょっと急で、まるでブレーキをかけているようになるのが気に入りません。どの部品をどう変えれば改善できるのかわからないので、そのままつかっていますが、それでもまあノッチで加速減速できるというのはそれなりにおもしろくて、電車運転ファンの気持ちがちょっとだけわかったような気になりました。(どなたかお詳しい方、改善の方法ご教示いただければ幸いです。)

手書きですが基板配線図を掲げておきますので、これから作ってみようとされる方は、カーサロンモリに掲載されている回路と見比べながら製作の参考にしてください。

Img_2287

2009.6.28 追記

ひょっとしてベース電圧を保持するコンデンサの容量を増やせばいいのではないか、とキハ28号さんに尋ねてみたら、そのとおり、470μくらいが適当だとのこと。そのうちコンデンサを買ってきて付け替えようと思います。

2009.7.4 追記

コンデンサ470μを買ってきましたが、100μを基板から取り除くのが面倒なので、そのまま並列に配線して570μとしました。結果は大成功・・・かな?

なかなか満足のいく惰行運転となって、しばらく遊んでしまいました。加減速と惰行をノッチで切り替えるだけなんですが、自分で大質量・慣性のある列車を運転している気分になれるのがこのタイプのコントローラの醍醐味ですね。定位置で停車させるゲームも出来たりして、楽しめる事請け合いです。でも、運転がけっこういそがしい。

しばらくあそんだあとは、やっぱりタイマー付きの定電圧回路コントローラでエンドレスをくるくる回して眺めるのがらくちんになりました。はい、これが、真性鉄オタではないこんじょなしモデラーの生態です(^^;;;

2009.10.17 追記

惰行運転の減速レートを改善するためにベース電圧保持用コンデンサを570μとしたのはよいのですが、加速ポジションで走り出すまでにずいぶんと時間がかかってしまうし、惰行運転中にやはり無視できないくらいの減速がみられるという問題がありました

ところが、k-otaniさんからコメントで、このページを紹介され、その内容をみると、MOS-FET(2SK703)をトランジスタの代わりに使えばよい、とのこと。さっそく入手して2SD1828と差し替え、ベース電圧保持用コンデンサを100μにもどしてみましたが・・・

結論から言うと、2SD1828の前に2SC1815を加えベース電圧保持用コンデンサを200μとして、ほぼ満足のいく性能となりました。

詳しくは、こちらをどうぞ。

やはりオリジナルの3段増幅はそれなりの意味があったということにやっと気づいたというわけですが、もともと電気的知識のない私にとっては、この遠回りも趣味の楽しみの一つだったのではなかろうか、などとおおまじめに思っているところです。(誰ですか?負け惜しみだ、なんていっているひとは(^^;;;)

« モデルアイゼンバーンクラブ運転会 | トップページ | シボレーレールトラック(レールカーその9) »

コメント

マスコンにブレーキ、やはりモデラーの夢ですね
ナローだっていいかなと密かに思っています。
電気音痴にはメーカー完がオイデ、オイデしています

オノデラさん
単身赴任先では、模型工作はなかなか出来ません。これも赴任前にほとんど完成していたものです。
わたしもほとんど電気関係の知識はありませんが、ネットはありがたいですね。探せば有用な回路がいくらも見つかります。
これ、割に簡単に作れるし、運転が好きな方にはなかなか魅力的で、おすすめだと思いますよ。

はじめまして。

私も、先日、カーサロンモリの回路図を参考にコントローラを組み立ててみました。
ほとんど回路図どおりに組んでいたので、横長になってしまいました。

もっと早く、こちらの基板配線図に気づいていれば、と後悔しています。

oomori さん
はじめまして

ウチはまずは見た目から設計に入るという悪い癖があるもので・・・けっこう部品の収まりに手こずりました(^^;;;

ところでオリジナルの増幅回路では、ベース電圧コンデンサの容量を増やさなくても大丈夫でしたか?

はじめまして

検索でここにきたところ、ノッチ式のパワーパックを作成されていて、私と同じような点で悩まれているようなので、私のHPで何かの参考になればと思いましたので、アドレスを入れておきます。
http://www.geocities.jp/k_otani3/working/working_03.html

何かの参考にでもなればいいのですが・・・。

k-otaniさん

コメントありがとうございました。

早速MOS-FETを試してみましたが、紆余曲折の末、結局2SC1815を加える方式を採用しました。

詳しくは、本文追記に記載しましたので、ご覧頂ければ幸いです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モデルアイゼンバーンクラブ運転会 | トップページ | シボレーレールトラック(レールカーその9) »