2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« カーブしたデッキガーダー橋って…… | トップページ | 虎ノ門病院のカルテ搬送システム »

2009年2月14日 (土)

ブレッドボード&電源タイマー回路

IC LM555をつかって、ボタンを押したら電源が入ってしばらくしたら自動的に切れるタイマーを自作しようとしたのですが、予想以上に工作に手こずってしまいました。

ネットでそのものズバリの回路作例が見つかってラッキー、と部品を買い集め、久しぶりのはんだづけ工作をはじめたのはいいのですが、配線し終わって電源を入れても動かない。簡単な回路なのに、何度配線を確かめてもわかりません。しかたがなくて、もう一度部品を買い直して組み立て直してみたのですが、それでも動きがおかしく、さすがに頭を抱えました。

でも、そのまま降参してしまうのはなんだかとっても悲しいので、こうなったら、と回路を仮組して確かめるブレッドボードという差し込み式の実験用基板を手に入れて、動きを検証することに。

Img_2235

このブレッドボード、使い心地はまるで、むかし遊んだ事のある電子ブロックというおもちゃのようです。ほとんどパズルを解いているような気分で組み立てを楽しむことができます。その事自体はとても楽しかったのですが、肝心の回路は何度やってもうまく動いてくれず、ああ自分ももう、ぼけ老人になってしまったのか、と情けなくなりました。

暗澹たる気持ちのまま、一旦休憩、とお茶を飲んでいるうちに、まさかひょっとして、と思いつき、ICを新しく買ってきたのに交換してみたら、なんと、あっさり動いてしまいました。

なんのことはない、昔むかしに買い置きしてあったICがダメになっていたんですね。何度も引っ越ししてますし、輸送の間に箱の中で揺れ動いて静電気でダメになったのかもしれません。

これまたひょっとして、と前に組んだ回路のICを差し替えてみたら、これも問題なく動きます。なんとまあ、とあきれはててしまいましたが、これで当初のもくろみどおりの回路ができたので、早速お菓子の空き缶をケースにしてまとめてみました。

Img_2236

結果はごらんのとおり。ツナ缶のコントローラと組み合わせて、好きな時間だけ小さなエンドレスで小編成を走らせる事が出来るようになりました。

Img_2237

結局、工作を始めてから土日祝日を挟んで約2週間、電子工作に悩まされたのか楽しんだのか、これこそ工作趣味の醍醐味というところかな、などとやせ我慢の見栄を張って、家族に苦笑されています。

それにしても、あまり古いものは、食べ物だけじゃなくて、電子部品もそのほかのものも、もったいないからと安易に引っ張り出してきて使うのは考えものだという事を、あらためて感じた出来事でした。

2/15 追記

せっかく買いなおした部品が余ってしまって悔しいので、ネットの作例通りに実験用基板をつくってみました。何度もやり直しただけあって、ずいぶんとハンダづけの要領が良くなりました(^^;;;

Img_2250


« カーブしたデッキガーダー橋って…… | トップページ | 虎ノ門病院のカルテ搬送システム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カーブしたデッキガーダー橋って…… | トップページ | 虎ノ門病院のカルテ搬送システム »