2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« お手軽レールバス(レールカーその8) | トップページ | うちのナロー1号車&2号車 »

2009年1月24日 (土)

高額「昭和銀座ジオラマ」???

*バンダイ、高額「昭和銀座ジオラマ」4月発売 消費の“救世主”団塊つかめ*という記事を見つけましたが、ほんとにうれる...んでしょうねえ、きっと...

Ts_ginza01

こと、団塊世代がからむと、模型やジオラマの世界も、その価値観や楽しみ方がよくわからなくなってきますが、これがトレンドというものなのでしょう。

写真の雰囲気からして、諸星さんとか、エコーモデルなんかも、企画開発に関係してそうな?

今年中に2000台というから、約4億円の売り上げを見込んでいることになりますね。

団塊世代って、ほんとに懐が豊かな上客なんですね。もっと工作の方にも参入して、メーカーがいろいろパーツやキットを出してくれるようになるとうれしいんですけど・・・団塊向けだからといって、かえって価格が高く設定されたりしたら、やぶ蛇かなあ・・・

新聞記事なので、すぐにリンクが切れるでしょうから、下に引用しておく事にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1月24日8時31分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
バンダイ、高額「昭和銀座ジオラマ」4月発売 消費の“救世主”団塊つかめ
 活気ある昭和30年代の銀座の並木を模型と音、光でリアルに再現したバンダイの「昭和銀座ジオラマ」(写真:フジサンケイビジネスアイ)
 バンダイは23日、昭和30年代の銀座の街並みを再現した「昭和銀座ジオラマ」(19万8000円)を4月10日から発売すると発表した。趣味やライフスタイルにこだわりを持つ団塊の世代を対象に、今年中に2000台の販売を計画している。
 当時の銀座の街並みを、和光ビル、森永ネオンなどの建造物と企業ロゴを10社の協力を得て忠実に表現したのが特徴だ。
 光や音にもこだわり、LED(発光ダイオード)を31個使用し、ネオンや街灯、ショーウインドーで華やかな夜景を演出する。内蔵スピーカーを通じて、雑踏や路面電車、スポーツ中継の音を再生するほか、当時流行した「東京ブギウギ」と「東京ナイトクラブ」も演奏する。また人と路面電車も可動させ、活気をよみがえらせている。
 「タイムトリップシリーズ」の第1弾。今後、レトロをコンセプトとし、どこか懐かしい昭和の暖かみにあふれる造形に「こだわり」、「現代の技術」、「インテリア性」の要素を取り入れた商品を大人向けホビー商品として投入していく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:やっぱりリンク切れになったみたいですので、他の参考リンクを張っておきます。

バンダイの「昭和銀座ジオラマ」でブギウギ

昭和30年代、日本中の誰もが憧れを抱いた“大人の街銀座”にタイムトリップ!『昭和銀座ジオラマ』 2009年4月10日(金)発売「造型」、「光」、「音」、「動き」にこだわり抜いた本格派完成品ジオラマ登場!

« お手軽レールバス(レールカーその8) | トップページ | うちのナロー1号車&2号車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お手軽レールバス(レールカーその8) | トップページ | うちのナロー1号車&2号車 »