2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「若年層のレイアウト離れ?問題を考える」 | トップページ | ウッドランドシーニックスの修理工場? »

2008年9月14日 (日)

「1号機関車からC63まで」と「陸蒸気からひかりまで」

1号機関車からC63まで—細密イラストで綴る日本の蒸気機関車史

買いました。

眺めていてうれしいイラスト&資料集です。蒸気機関車が好きな模型ファンにとって、必携の書ですね。

でも、ほんとうのところをいうと、イラスト集としては、「陸蒸気からひかりまで」のほうが好みです。列車単位で描かれているという趣向と、なんといってもあのあたたかみのあるペン画の線が魅力だとおもいます。もうハードカバーの装丁がぼろぼろになってしまいましたが、あいかわらず飽きずに眺めています。

「1号機関車からC63まで」も、そういうたぐいの本になるでしょうか?

« 「若年層のレイアウト離れ?問題を考える」 | トップページ | ウッドランドシーニックスの修理工場? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「若年層のレイアウト離れ?問題を考える」 | トップページ | ウッドランドシーニックスの修理工場? »