2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« ランプがつきました | トップページ | 水中モーター »

2008年8月26日 (火)

カツミ模型有楽町店に行ってきました。

いままで気がつかなかったのですが、有楽町中央西口駅前に支店があるのですね。

駅前の一等地、ビックカメラの筋向かいにある有楽町ビルヂングの地下一階でした。

目黒の本店ほどセレブ感(このばあいは高級感という意味です)あふれる感じではありませんし、すこしレトロな店内の雰囲気ですが、陳列はきれいですし、ショーケースの中には選りすぐりのおすすめ工具類も並べられていて参考になります。

ただ、商品構成は、ブラス製のHO機関車や編成ものなど、相応に高価なものが中心で、ジャンクやパーツあさり専門の私などはちょっと気後れしてしまいます。

そのへん、天賞堂では、そういうことはあまり感じないんですが、どうしてなんでしょう?行きなれてるせいでしょうか?しかし、考えてみれば、天賞堂でもパーツ以外買ったことがありません。

結局ここでも何も買うものがなく、帰りがけにお店のパンフレットをもらって扉をあけたら、うしろから「ありがとうございました」の声。これにはちょっとあわてました。ふだん模型店ではそういうことってあまりないですものね。

そういえば、かつて目黒の本店で、LGBのおもちゃの機関車GNOMY(ブログタイトル写真の黄色い機関車です)を買うだけだったのに、白い手袋をした上品な店員さんが丁寧に応対してくれて、一緒に行った嫁さんが、びっくりしていたのを懐かしく思い出しました。

やっぱりカツミ、エンドウがスタンダードになるクラスの鉄道模型は良い意味でセレブ(この場合は上流のという意味???)の趣味の世界なのかもしれません。

注:セレブって、本来は有名人って、ただそれだけの意味なんですね。辞書確かめて初めて知りました。和製英語ではちょっと別の意味になっちゃってるんですね(苦笑)

« ランプがつきました | トップページ | 水中モーター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランプがつきました | トップページ | 水中モーター »