2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« レールカーその7 | トップページ | 「狭小住宅A,B」&「駅前繁華街」 »

2008年6月 4日 (水)

丸善丸の内本店「エコーモデルその世界」展に行ってきました。

ギャラリースペースに入ったとたんに「always三丁目の夕日」のプロモーションビデオ音声が耳に飛び込んできて、瞬時にして「なつかしの昭和」アレルギーが発症してしまいました。なにをかくそう、まったくの苦手なんですわ。あの手の雰囲気(苦笑)。

一応、証拠写真です。

Sa3a0396

これはコンペ特選の作品だったかな?

Sa3a0393

コンペ応募作品以外にも諸星さんや菅さん、新井さん、それから宮下氏などの、エコーモデル製品をふんだんに使った作品が、商品と一緒にたくさん展示されていましたが、すべて「エコーモデル製品使用作例見本」みたいな扱いで、なんだかビミョーです。

どちらにしろ、日本のHO(1/80?)ストラクチャー工作も、Nゲージやヨーロッパ、アメリカ並みの環境が整いつつあるのだなあ、とちょっと感慨。

エコーモデルの製品と一緒に、鉄道模型関連、「三丁目の夕日」関連のグッズや書籍、ビデオなどもたくさん並べて売られています。

エコーモデル店主とおぼしき方が、来場者に熱心に自社製品やコンペ作品の解説をしている姿もみられて、「模型ジオラマ作品展示ギャラリー」というよりは、なつかしの昭和、三丁目ムードを強調したコンセプトでの「エコーモデル製品使用作例見本展示&製品即売会・商談会」という雰囲気でした。

私自身としては、購入したいものもないし、昭和なつかしの風景に思い入れもないので、たしかに一連の展示作品の精密な工作には感心しましたが、特段に心を動かされるようなものでもないし、基本部分にエコーのパーツやキットを利用しているのだから当たり前のこととはいえ、どれも同じように見えて、内心期待していたようなセンス・オブ・ワンダーを感じる種類のものでもなかったので、とても良く出来ているなあ、とざっと見回して5分ほどで退出しました。

それはまあ、とにかく、このように、とても精密なジオラマ作品や、販売されている製品、パーツ類は、初めて見る方にはたいへんに興味深いものでしょうし、丸善本店ギャラリーのようなところで催されるイベントは、きっと鉄道模型やジオラマの趣味が一般の方々にもっと理解され普及するきっかけになるだろうな、なってほしいな、と思いました。

追記:

無用な誤解を招くといけませんので、補足します。

展示されている作品はどれもすばらしいものでした。ジオラマ工作やレイアウトモデリングをする方々は、ぜひ足を運んでごらんになることをおすすめします。テクニック、情景表現のセンスとも、とても勉強になること確実です。

ただ、その題材、プロトタイプとする世界の設定自体が、「なつかしの昭和街角風景」にアレルギー反応を示す私にとって、心惹かれるものではなかったというだけのはなしですので、どうぞ、誤解の無いよう、お願いします。

追記の追記

穴熊さんのブログ"穴熊のつぶやき… A murmur of Badger"によると、写真撮影禁止だったみたいですね???

あわてて入ったので表示を見落としてしまったのでしょうか?

ケータイで、会場風景を中心に何枚も、おおっぴらに撮らせていただいてましたけど、なにも言われなかったのですが?

訪れた時間がわりと早かったせいもあるのかな?

真相は不明ですので、しかるべきところからしかるべき連絡などが無い限り、とりあえずはこのままにしておく事にします。

« レールカーその7 | トップページ | 「狭小住宅A,B」&「駅前繁華街」 »

コメント

そういう会場の雰囲気なんですね。
勉強になります。
情報ありがとうございました。

土日は混みそうだナ

私も見ましたけど店主は不在で店員氏が2名いました。

特段感動はなかったというのは同感です。
どの作品も細密で良く出来ていることは確かですが、照明の関係かもしれませんが彩色が「濃い」ような印象を受けました。もっとくすんだ彩色を期待していたのですが。

それとやはりプラスター造形による地面が「固い」との印象をうけました。本来の土の持つ「温もり」が感じられません。プラスター造形の欠点でもあります。
この辺りのことから、プラスターレス造形を西葛軌道が採用した理由がここにあります。

まーくんさん、西葛軌道さん、

場所がいいですから、きっと大盛況になると思います。

展示作品のことについては、エントリの記述に追記しましたので、そちらもご覧ください。

みなさん、ぜひ、時間を見つけて見に行かれることをおすすめします。

許可もらって撮影したって書いてあるブログのレポートもあるようなので単細胞的に「禁止」ではなくあくまでも現場に書いてあるように「ご遠慮下さい」だったのでしょう。

まーくんさん、

>単細胞的に「禁止」ではなくあくまでも現場に書いてあるように「ご遠慮下さい」だったのでしょう。

軽便鉄模アンテナ雑記帳にも、撮影禁止を巡る実情がコメントされてましたね。

これでちょっとほっとしました。普段から、意図的または確信犯的な場合は特にですが、傍若無人もしくは無作法な振る舞いは、人間の格を落とすものだと思っておりますゆえ(^^;;;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レールカーその7 | トップページ | 「狭小住宅A,B」&「駅前繁華街」 »